ウイングガンダムゼロ (カトル搭乗)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こちらはウイングガンダムゼロの武装解説等のページ。
コンボ、戦術等はウイングガンダムゼロ(カトル搭乗)(考察)
正式名称:XXXG-00W0 WING GUNDAM ZERO パイロット:カトル・ラバーバ・ウィナー
コスト:2500  耐久力:700  変形:○(ネオバード形態)  換装:×
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 ツインバスターライフル 6 75 2本分の太い単発ビーム、特射、特格キャンセル可
サブ射撃 マシンキャノン 30 ~110 火力は強制ダウンまで当てた場合
特殊射撃 ローリングバスターライフル 1 150 1回転半照射ビームを撃つ
格闘CS ゼロシステム始動 100 - 一定時間誘導を切る、1出撃に1回のみ
特殊格闘 急速変形 - - 上昇しながらネオバード形態へ変形する
変形 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 ツインバスターライフル 6 110 ダウン属性
サブ射撃 ウイングバルカン 30 ~108 火力は強制ダウンまで当てた場合
格闘CS ゼロシステム始動 100 - 一定時間誘導を切る
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 ビームサーベル NNNN 200
派生 斬り抜け N~NNN前 113-156-185 横格にも同様の派生あり
派生 連続斬り N~NNN後 178-??-?? 同上
前格闘 突き&蹴り上げ 150
横格闘 横薙ぎ→返し斬り→シールド突き 横NN 169
後格闘 逆袈裟→斬り上げ 後N 128
BD格闘 斬り抜け→逆袈裟→斬り払い BD中前NN 166
変形格闘 薙ぎ払い 変形中N 75 特殊ダウン
バーストアタック 名称 入力 威力 備考
ローリングバスターライフル【最大出力】 3ボタン同時押し 3Hit時
278(A)
258(B)

解説

カトルが作ってカトルがロールアウトした機体であるウイングゼロ(TV版)のご本人搭乗ver。
万能機のヒイロとは違い、こちらは射撃寄りの可変機と言えるような使い勝手になっている。

BD回数は7-回に低下しており、2500標準レベルとなっている。
またBD速度が低めのヒイロ機より機動力が劣化しているため、旋回を除けば機動力は25の中でも低い。慣性や落下速度等も2000標準程度。
しかしその代わりなのかネオバード形態には上方修正が入っており、移動時のBG効率や旋回がヒイロ機より良くなっている。
更に移動速度はヒイロ機から据え置きのため、任意変形を積極的に利用して立ち回る機体となった。

マシンキャノン、ゼロシステム等の使い勝手はそのままに、主力のロリバスはCSこそ無いものの威力、範囲、リロード、キャンセル等大幅な強化を受けている。
一方で移動照射が消滅したことは大きな弱体化であり、機動力の低下や武装の回転率も相まってヒイロ機のような追い力、疑似タイ性能は失ってしまった。

格闘の初段性能はヒイロ機に比べかなり弱くなってしまっている。
判定、発生はもとよりダメージまでもが低下しており、格闘コンボの火力は25の中でも底辺クラス(そもそもヒイロ機自体火力が低めなので当然ではあるが)
これらの弱体化と低耐久も相まって格闘戦はリスクリターンが見合わないため、状況に合わせて近~中距離を行き来するのが基本である。

ヒイロ機と比べると、僚機の影からロリバスと任意変形を多様する闇討ち主体の機体となった。
低めの機動力をゼロシステムとネオバード形態で補い、ロリバスを確実に当てていこう。

勝利ポーズはカトルゼロを象徴するロリバスポーズのみだと思われる。


射撃武器

【メイン射撃】ツインバスターライフル

[常時リロード][リロード:3秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2.0][補正率:70%]
バスターライフルを合体2連装の状態で発射する。
2丁分の横幅があるので引っ掛けやすい。2発平行に発射してるようにも見えるが判定は1つ。要するに太いだけのBRである。

太さを活かして近接で射線を作り、相手の行動を縛りやすいのが最大の強み。
上空から撃ったり敵の下に潜り込んで撃った場合に、カスりでステップ初動やステキャンの動きを食った時など強さを実感できる。
その太さからもちろん接射も他の機体以上に機能する。

特格Cが可能で、更にそこから変形格闘へとキャンセルもできる。

基本的な性能は変わらないが、ヒイロ機との変更違いはこの3点。

  • 弾数1発増加。
  • 特射へのキャンセルルート追加。
  • CSメインの(照射)削除。

【サブ射撃】マシンキャノン

[撃ち切りリロード][リロード:6秒/30発][属性:実弾][5hitよろけ][ダウン値:0.25][補正率:97%]
両肩からマシンキャノンを発射。1ボタンで10発、メイン長押しで30発消費する。
一気にばらまくのでよろけを取りやすく、中心付近でとらえれば撃ち切りで強制ダウンまで持っていくことができる。
ヒイロ機との違いは総弾数が30発に減少した点のみ。出し切れば一回で撃ち切る事ができる。
ストックが少ないので、使用したらすぐに切らしてリロードする事。

弾がかなりバラけ、ショットガンのような射線を描く。
移動撃ち可能な射角が全武装中でも屈指の狭さのため一見扱いづらいが、有効射程内ならば様々な用途に使える高性能な武装。
基本的には近接で射線の広さを活かして押し付ける武装。有効射程は短いが、性能は強力で近接時の要。
カトルの場合はメイン節約や低下した格闘性能を補うためにも回転率の良いこの武装を積極的に使っていきたい。

連射中は銃口が敵に向き続けるため、格闘距離で敵の横BDに押し付けるように当てることもできる。
虹格などの格闘も封殺しやすく、ヒットストップとダウンの取りやすさからスーパーアーマーの格闘も迎撃できる。
攻撃範囲を活かして自機に誘導してくる実弾や耐久の低いアシスト程度なら迎撃することもでき、MEPEなどの誘導切りに対するメタ武装にもなる。

着地時に振り向きなしでサブを出せると着地硬直を上書きできる。サブで着キャンと言われたらコレの事。
ただ射角が非常に悪い為毎回狙って行うのは非常に厳しい。

【特殊射撃】ローリングバスターライフル

[撃ち切りリロード][リロード:15秒/1発][クールタイム:5秒?][属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:2.0?][補正率:20%]
その場で3回転強反時計回りを行いながら照射ビームで薙ぎ払う。レバー右で時計回りになる。変形中は使用不可。

レバー入力方向と回転方向が対応している。入力時の敵位置に対して角度を付けて発射するため最速に近いロリが自然と可能。
ヒイロ機と違い、威力は150になっている。射撃CSが消滅している分素の火力は上昇しており、リロード時間も2秒程短縮された。
射程もプラクティスのパネル0.5マス分伸びており(ヒイロ機の通常ロリバスとCSロリバスのちょうど中間くらい)、ロリバス自体の太さもヒイロのCS版ロリバスと同程度に太くなっている等大幅な上方修正を受けている。
ヒイロ機のものより上方修正を受けているのは覚醒技も含め、この行動はカトルのものというイメージが強いせいだろうか。

火力が高いためリターンが大きく、常にチラつかせていくことで敵の動きを縛れる上にダメージを稼げる。
メインでオバヒを撃ち抜けない距離からでも刺さるほどの射程を誇っており、コストの関係上後衛をするパターンが多い事から射程が長いこの武装はカトル機の生命線。

ヒイロ機と違いメインからキャンセルできる。
キャンセル時は120ダメージ。

【格闘CS】ゼロシステム始動

[チャージ時間:秒][リロード:秒/1発][クールタイム:秒][属性:換装]
発動と同時に足を止め、赤い模様が入った青い球状のエフェクトを展開する。変形中は止まらずに使用可能。
発動中は誘導を切れるが被弾時のダメージが1.5倍になる。(F91のMEPEや戦車のスモーク同様に射撃・格闘中は誘導を切らないので注意)
この手の武装としては効果時間が短い。
ゲージが0になるか、よろけやダウン状態で解除。性能はヒイロ機から完全に据え置き。
ヒイロ機のものと比べると、コストや性能上守りや逃げに使う場面が多くなるが、攻めに使うことも出来る。

F91やデスサイズと違い、途中解除でもゲージが0になる。
MGなど単発ではよろけが発生しない武装に被弾すると解除されず、よろけるまで1.5倍のダメージを連続で受け続ける。
また誘導を切っていても当てられるムチなどの範囲攻撃持ちには用心して使っていきたい。

ヒイロ機に合わせてこっちも使い切り武装になり、代わりに効果時間が伸び出撃後すぐに使用できるようになった。
使用タイミングの判断は慎重に。

【特殊格闘】急速変形

やや上昇しつつネオバード形態へ変形する。ヒイロ機との変更点はあまりなく、急速変形自体のBG消費量も据え置き。
レバーを横に入れておくと高度そのままにレバー方向に向かって変形する。
初速の速さが大きな特徴。長距離を移動する必要がある際には特格連打もあり。ハンブラビの急速変形と似た扱い方ができる。
変形格闘へとキャンセル可能。メインからのキャンセルと合わせてメインの節約に便利。

またこちらのコマンドではないが任意変形も非常に優秀。むしろ逃げや回避に変形を利用するカトル機にとってはこちらの方が遥かに重要。
任意変形は急速変形に比べてブースト消費が非常に少なく、高度を維持したままよく滑る。
特格のものより初速が控えめだがそれでも本機のBDより遥かに速く、何よりも前方向以外へ進めるのが最大の利点。
後ろ変形→解除→後ろ変形のループは高い逃げ性能を発揮し、ブースト消費も少ないので変形解除後の着地のフォローもかなり余裕がある。

変形時の性能はヒイロ機より大幅に強化されていたりする。
BG量の低下に伴いネオバード形態時のブースト効率が上がっており、ヒイロ機から移動速度をそのままに少ないBG消費で移動できる。
(ヒイロ機と同時に変形を行い、オバヒまで飛行し続けると同時にBGが尽きる)
またネオバード時の旋回性能もヒイロ機より良くなっている。

【変形メイン射撃】ツインバスターライフル

[弾数:メイン射撃と共通][属性:ビーム][ダウン][ダウン値:][補正率:)]
マウントしたバスターライフルからビームを発射する。
ヒイロ機と比べ旋回性能が上がっているため多少は使いやすいが、やはり傾いていると明後日の方向に撃ってしまう。
通常メインと違いダウン属性。通常メインより威力が高いので、特格キャンセルから出してズンダに混ぜていくのもあり。

変形射撃の性質として、射角内であれば緑ロックでも「撃った時に敵がいたところ」に向かって曲がる性質があるので、砲身から曲がるように弾を撃てる。
開幕はこれで牽制するのもあり。

【変形サブ射撃】ウイングバルカン

[変形リロード][変形時回復/30発][属性:実弾][よろけ][ダウン値:][補正率:%]
弾数が30発に減少しているが、性能はヒイロ機から据え置き。
シールドに内蔵されている機銃から弾を発射。
銃口補正が無いので非常に当てにくい。真正面に弾幕を形成するので開幕などで使えなくもない。

格闘

ヒイロ機とモーション・派生は同じだが、性能が大幅に下方されてしまっている。そのため敵機と格闘を振り合う展開はなるべく避けたい。

【通常格闘】ビームサーベル

伸び・判定はヒイロ機と同じだが発生が僅かに劣っている。
他の格闘が軒並み劣化してしまっているため、発生・判定はカトル機の中で最も強力な主力格闘。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 袈裟斬り 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┣前派生 斬り抜け 113(70%) 60(-10%) 3.2 1.5 ダウン
┣2段目 横薙ぎ 117(65%) 65(-15%) 2.0 0.3 よろけ
┃┗3段目 返し斬り 153(53%) 55(-12%) 2.4以下 0.3~0.4 よろけ
┃ ┗4段目 突き 200(41%) 23(-3%)*4hit 3以上 ダウン
┗後派生1hit 逆袈裟 101(65%) 45(-15%) 2.0? 0.3? よろけ
2hit 斬り上げ 127(53%) 40(-12%) 2.3? 0.3? よろけ
3hit 袈裟斬り 150(43%) 42(-10%) 2.4~2.6 0.3? よろけ
4hit 薙ぎ払い 178(33%) 65(-10%) 3以上 1.0? ダウン

【前格闘】突き&蹴り上げ

ヒイロ機同様ウイングゼロの持ち味となる格闘。カトル機の格闘の中でもBD格・変格に次いで伸びが良い。
判定が自身のN格闘と同程度まで劣化しており、伸びもプラクティスのパネル1枚分程短く突進速度までもが落ちてしまっている。また発生も自身のN格に劣る。
しかしダウン拾いの性質はそのままなので、使用頻度は比較的多い。

前格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
初段1hit目 突き 55(80%) 55(-20%) 1.7 1.7 掴み
┗2-6hit目 102(68%) 10(-2%)*6hit 1.7 0 掴み
 ┗最終段 蹴り上げ 150(56%) 70(-12%) 2.7 1.0 ダウン

【横格闘】横薙ぎ→返し斬り→シールド突き

カトル機の格闘の中では発生が最も速い。(N格と殆ど差はないが…)
ヒイロ機と比べると、伸びは据え置きでN格闘と同程度だが発生・判定は落ちてしまっており、発生はヒイロ機N格と同じだが判定は自身のN格に劣っている。
しかし回り込みは据え置きで相変わらず強烈なので、生当てを狙う場合はN格との使い分けが大事になった。

横格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 横薙ぎ 60(80%) 60(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 返し斬り 116(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 ダウン
 ┗3段目1hit 盾突き 139(60%) 35(-5%) 2.1? 0.1? 強よろけ
   3段目2hit 169(53%) 50(-7%) 3以上 1.0? ダウン

【後格闘】逆袈裟→斬り上げ

発生・判定共にN・前格闘に大きく劣り、前格出し切りや前派生で打ち上げも取りやすいため使い道はほぼない…。

後格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 逆袈裟 60(80%) 60(-20%) 1.7? 1.7? よろけ
┗2段目 斬り上げ 128(65%) 30(-5%)*3hit 2.75以下 ダウン

【BD格闘】斬り抜け→逆袈裟→斬り払い

伸びはヒイロ機から据え置きで、変形格闘同様カトル機の中で最も良いため、ロックを欲しい時、敵を追う場面で一つの択として。
メイン2発から斬り抜けでメインを節約するのにも使える。

BD格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 斬り抜け 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 ダウン
┗2段目 逆袈裟 117(65%) 65(-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┗3段目 斬り払い 166(53%) 75(-12%) 3.0 1.0 ダウン

【変形格闘】薙ぎ払い

変形を解除して突進しつつ一閃。受け身不可の打ち上げダウン。
自身のBD格と並び最も伸びが良く、N格と同程度の判定も持つが発生は劣る。

変形格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 薙ぎ払い 75(80%) 75(-20%) 1.7 1.7 特殊ダウン

バーストアタック

ローリングバスターライフル【最大出力】

「邪魔するなって言ってるだろおおおおおおおおおおおお!」
かなり速い速度で5回転?薙ぎ払う。完全硬直なので外すといい的。
地対地含む自機と敵機が同高度であれば、3hit確定で強制ダウン。角度が付くと途中で零す場合がある。
回転が始まるまではスーパーアーマーがついており、状況によっては強引に押し当てることも出来るため使いどころを間違えなければかなり優秀な覚醒技。
発生も特射と同じく優秀で、こちらはビームが更に太く回転が速い上に、軽い打ち上げダウンで敵側のヒットストップも若干長い。
攻撃範囲からくる巻き込み・誤射性能も特射と同様なので周囲の状況には気を配ろう。

キャンセル不能ではあるが、実質強化版特射である。覚醒中は常にこの武装を頭に置いて動きたい。


外部リンク