基本操作

1. 村人の募集


新しい村が作成されると村人の募集が始まり、ゲーム内で1日の間続きます。
このときからトップページの一覧に表示され、誰でも参加できるようになります。

ゲーム開始時間になると、空席にはNPC(コンピューター)が割り当てられ、ゲームが始まります。
進行中はいつでもNPCに代わって他のプレイヤーが途中参加できます。

2. 役職の決定


ゲームが始まると、それぞれのプレイヤーにチームと役職が割り当てられます。
ただし、本人と人狼の仲間以外は、『村人?』とだけ表示され、本当の役職はわかりません。

ここからチームの勝利を目指して、他の人の役職を推理しながらゲームをプレイしていくことになります。

このとき、占い師はランダムにひとりだけ、誰が本当の村人チームかを知ります。

3. 議論


毎日、村人全員で自由に議論し、人狼だと思うプレイヤーを多数決で1人決定します。
リストから投票したいキャラクター名を選んで、『保存』ボタンを押すと投票できます。

このとき、人狼チームは議論を混乱させ、村人が誤った選択をするように誘導します。

また、人狼チームはこの間に今晩襲撃する村人を多数決で1人決定します。

4. 占い


占い師は毎日プレイヤーの中から1人について、その人が人狼であるか否かを占うことができます。
この占いは100%的中し、占い師本人だけがその結果を知ることができます。

ただし、人狼の仲間である狂人が『村人』と判断されてしまう点には注意しないといけません。

占われた対象が妖狐であった場合、その妖狐は力を失って衰弱死します。

5. 処刑


多数決で選ばれたプレイヤーが処刑されます。
得票数が最大のプレイヤーが複数いる場合は、その中からランダムで1人が選ばれます。

処刑されたプレイヤーはこれ以降、ゲームに参加できません。 (ただし、他の犠牲者と会話しながらゲームを観戦できます。)

このとき、霊媒師は処刑された人の役職を知ることができます。

6. 襲撃


人狼の多数決で選ばれた村人が襲撃によって殺害されます。
殺害されたプレイヤーはこれ以降、ゲームに参加できません。 (ただし、他の犠牲者と会話しながらゲームを観戦できます。)

このとき、霊媒師は殺害された人の役職を知ることができます。

ただし、人狼の仲間である狂人が『村人』と判断されてしまう点には注意しないといけません。

また、襲撃の対象となった村人を狩人が護衛していた場合、この襲撃は失敗し、村人は殺害されません。
狩人が護衛に成功しても、誰が誰を守ったのかはわかりません。

襲撃の対象が妖狐であった場合も、この襲撃は失敗し、その妖狐は殺害されません。

7. 繰り返し


決着がつくまで3~6を繰り返します。

8. エンディング


いずれかのチームが勝利するとエンディング状態になります。
このとき、プレイヤーごとに勝敗が記録され、 村が閉鎖されるまでのしばらくの間、全てのプレイヤーで自由に会話できるようになります。

9. 村の閉鎖


エンディング状態が終わると村は閉鎖され、中でのチャットもできなくなります。