キャラクター

豊臣ヒデヨシ(CV:新名彩乃)

一図柄担当。好物はおにぎり。その割には饅頭ばかり食べてるし、次回予告演出でお饅頭大好きと言ってしまっている。
元気を絵に描いたようなロリっ子。ひょうたんをハンマーにした武器を使いその攻撃は大地を揺るがす。
史実とは大きく違い、伊達家と仲が良くマサムネを伊達っちと呼んでいる。
過去の戦で、ムラサメに両親を殺害されている。
 
必殺技:天翔槌打岩撃
ペア武将:伊達マサムネ


 

上杉ケンシン(CV:植田佳奈)

ニ図柄担当。好物は山菜。
ツンデレおでこちゃん。得物は長槍でその槍術は正確無比で岩をも砕く。
武田とはライバルだが熱い友情で結ばれているという王道設定。
 
必殺技:雷光連撃槍
ペア武将:武田シンゲン


 

徳川イエヤス(CV:千葉紗子)

三図柄担当。好物は金平糖。その割には饅頭ばっかり食べてるが。
おっとりキャラだが実は…。魔法の杖が武器でその魔力は無限とも称され攻撃力絶大。
史実とは違い、今川家の人質というわけではなく、ヨシモトに溺愛されており、その過剰な愛情に本人は少々困惑気味だが、ヨシモトをお姉さまと呼び、慕っている。
なぜか白組サイドの2Dイラストがツルペタのロリキャラで、3Dモデルと平和サイドの2Dイラストが童顔系巨乳キャラとなっておりイメージが大きく違う。
一応大きさは下から数えてソウリン、ヒデヨシ、コタロウに次いで4番目。
ちなみにイエヤスは前作から公式ポスター等で目立つところにいたり、千葉がメインボーカルとなっていたりして主役っぽくなっていたのだが、今作では決戦における最終兵器であり、まさにヒロイン。
人気投票ナンバーワンキャラで、唯一(マスコット除く)商用フィギュア化されているがすさまじい泥人形っぷりに戦慄が走ることとなった。
甘デジVer.では専用の枠プリントが施されており、公式で「痛枠」とされている。
 
必殺技:光魔葵ノ陣
ペア武将:今川ヨシモト


 

今川ヨシモト(CV:山本麻里安)

四図柄担当。好物は和菓子。
天然ボケのあらあらうふふ系おねーさん。だったが最近は高飛車な部分が強調されてきている。武器は大型の弓。
その弓捌きは非常に華麗かつ正確無比、複数の矢を同時に放つほどの腕前。ただしリーチ信頼度はぶっちぎりで低い。
SDキャラのせいで「初代戦国乙女」からアホの子として紳士達から愛されている。
漫画版から設定が逆輸入されており他人の着せ替えが好き(アニメ版でも同様)。
イエヤスのことを実の妹異常に……もとい実の妹以上に溺愛している。
「戦国乙女3」の某シーンにおいて、イエヤスに対して全幅の信頼をおいていることがセリフからも窺い知れる。
ちなみに、南国育ちのまどかさんがアホ化していった上にカットインが似ているのでなんだかキャラが被ってきてしまった気がする。
 
必殺技:烈風真空波
必殺技:非常の短剣
ペア武将:徳川イエヤス


 

武田シンゲン(CV:高橋美佳子)

五図柄担当。好物は肉。
武器は炎と風を操る軍配でその攻撃は嵐を起こすほど強力である。
猪突猛進で人情家という頼れる兄貴キャラ。いやまあ女性ですが。
セリフにはデレデレ系のものが多いため人によっては違和感あるかも。
脳筋扱いされることが多いが、銀髪+ナイスバディのイイオンナである。
 
必殺技:炎竜軍配撃
ペア武将:上杉ケンシン


 

伊達マサムネ(CV:中原麻衣)

六図柄担当。好物は魚。
武器は波打った形状の双剣でその攻撃は月をも切り裂くと言われている。その割には中々5図柄を切り裂いてくれない。
クールなオネーサマだが、魚料理が得意という家庭的な面も合わせ持つ。
史実同様隻眼。兜のデザインも史実を参考にしているが月がやたらデカイ。
とりあえず、ミサイル。
 
必殺技:双竜連斬
ペア武将:豊臣ヒデヨシ


 

織田ノブナガ(CV:田村ゆかり)

七図柄担当。好物は酒。性格はヨシモト曰く「ガサツですわ」。
武器は天下布武と彫られた大剣で、その炎はすべてを焼き尽くすほど強力である。
天下統一の野望に燃えているが、「榛名」を利用しようとは考えていない。漫画版の設定と同じく「棒名」は単なるコレクション扱いである。
身長175cm。ルックスもウルトラナイスバディ。戦闘力はオウガイと鍔迫り合いを演じ、カシンの攻撃を弾き飛ばし、障壁をも打ち破るシーンがある事から、図柄になっている戦国乙女の中では実質最強と思われる。
また「戦国乙女1」からCG制作の出来映え、演出等が優遇されており、それらは作中で見て取れる。
「戦国乙女3」でも、何だかんだで美味しいシーンが用意されている。
気分屋なところを除けば完璧超人。
「強カワ系」の「強」を象徴するキャラクターで、カワイイよりカッコイイの担当。
 
ちなみにCV担当の田村ゆかりは事務所の方針の都合なのか(レコード会社の事情との説もあり)、「戦国乙女2」からボーカル担当からは降板している(サントラにも田村版は収録されていないため、唯一遊技機でボーカルを担当している初代の音源はレアと言われる)。
 
必殺技:非情の大剣
ペア武将:明智ミツヒデ


 

明智ミツヒデ(CV:釘宮理恵)

八図柄担当。好物はお茶。
武器は無数のクナイでその連続攻撃で敵を次々に殲滅する。
史実をベースにしながらも仲良し設定にされているキャラが多い中、あくまで足利家のためにノブナガに仕えている。
そのノブナガのことは、ドラマや漫画作品等で見られる「御館様」ではなく、「ノブナガ殿」と呼んでいる。
まあなんだ、タンヤオ。
 
必殺技:朱雀剛爆砕
ペア武将:織田ノブナガ


 

大友ソウリン(CV:加藤英美里)

「戦国乙女2」から参戦したキャラクター。好物はカステラ。必殺技が2つもある。
キリスト教徒。武器は大砲「弩・佛狼機(ドン・フランキー)砲」とランスで、神に名のもとに神罰を下す。
普段はおしとやかだが武器を持つと性格が豹変する迷惑キャラ。
ヒデヨシもビックリのまな板っぷりを誇る。
しかし「戦国乙女2」の萌えカットインを見る限り、まったくのナイチチではない模様。だからあれは脇の肉を寄せているだけだと
身長140cm。小さい乙女武将ランキング1位。紳士達からの人気も非常に高く、ヨシモトと2位の座を激しく争った。
ツン系のツルペタとおっとりボンキュボンが接戦を繰り広げたのはなかなかに興味深いと言えよう。
ちなみにデレカスタムのリーチボイス「私と契約して…」は声優ネタ。
 
必殺技:弩・佛狼機砲(大砲)
必殺技:神慈裂鋼尖(ランス)
ペア武将:毛利モトナリ・長宗部モトチカ


 

毛利モトナリ(CV:能登麻美子)

「戦国乙女2」から参戦したキャラクター。好物は漬物。はいてないしつけてない。
悲しい過去の想いを、薄い微笑の下に隠している。
武器は毛利家に伝わる妖刀を組み合わせた怨念たっぷりのヤバイ鉤爪「三魂爪(みこんそう)」。
死神の如く敵を闇へと誘う。
棒名は葬った魂を鎮めるために探しているという。
毛利輝元を探している。
「戦国乙女」の世界における毛利輝元の人となりについてはパチンコでは詳細が不明だが、仮に漫画準拠ならば、モトナリが輝元を探している理由は……
死臭を感じさせるキャラ描写がなされており、萌えカットインですら送り花をイメージしている。
身長163cm。
 
必殺技:黒葬の舞
ペア武将:大友ソウリン・長宗部モトチカ


 

長宗我部モトチカ(CV:井上麻里奈)

「戦国乙女2」から参戦したキャラクター。好物は鯨肉。
性格は溌剌と明るく体育会系、お祭り大好きなおっちょこちょい褐色キャラ。
赤鬼をイメージしたらしきデザインが特徴。ミツヒデとは呑み友。
身長158cmと戦国乙女の中では特に恵まれた体格ではないが、巨大な斧を軽々と振り回し、戦場で敵を蹴散らす様はまさに鬼神と称されるほどで、その一撃は大海を割るとも言われている(「戦国乙女2」の映像では実際に割っている)。
イエヤスとは逆で、なぜか白組サイドのイラストだとたわわ。胸の大きさランキングでは下のほうらしい。
 
必殺技:喜鬼斬山
ペア武将:大友ソウリン・毛利モトナリ
 

カシン居士(CV:花澤香菜)

「戦国乙女3」で新登場の色白まな板幼女。身長は推定146cm。
世界に破滅をもたらそうとする彼女を止めるのが「戦国乙女3」のテーマである。
一見すると重度の中二病患者。イエヤス曰く「どうしてこうなってしまったの?」。
しかし最凶と評されるほどの呪力を持ち、そのパワーは各地に塔を建造して闇の力を集める事で増大中。
その正体は卑弥呼の「闇の力」を受け継いだ呪術師。
天下の支配そのものには興味はなく世界そのものを破滅に導こうとしている。
卑弥呼の力を継いでいる戦国の乙女達に、強い憎悪を抱いている。
イエヤスとは知己であるようだが……
 
なお、シンゲンの言う「なんだあの仮面のやつら、前に見たことがあるぞ」は、初代及び今作のシンプルモードにおける眼帯キャラのことだと思われる。
(眼帯の模様がカシンの紋様と解釈できる)

新乙女アタックではオウガイポジ。とっても強い。卑弥呼チャンス中のテンパイで出てきたら諦めていい。
ただしミドル、MAXでは偶数ゲームの復活演出であっさり倒せたりするので、オウガイより勝ちやすい。


 

鬼灯(CV:結城アイラ)

「戦国乙女3」で新登場。カシンの配下。
「おにび」と呼ぶ人が絶えないが、「ほおずき」なので注意だ。
カシンに洗脳されているか、自身の意思かは不明である。
紫苑の姉。
シンゲン曰く「エロねーちゃん2号」。1号と声優も同じ。
ムラサメの地位を脅かす直球エロオネーサマ。


 

紫苑(CV:上坂すみれ)

「戦国乙女3」で新登場。カシンの配下。
カシンに洗脳されているか、自身の意思かは不明である。
鬼灯の妹であり、幼さを残すが色香の漂うルックスを持つ。
姉同様リーチ時のちょい役なので情報がほとんど無い。

 



室生オウガイ(CV:長谷川静香)

史実のパロディではない、創作戦国乙女。好物はちゃんこ鍋。
巨大な斬馬刀を軽々と使いこなす。俺たちが嫁。
真言宗室生派等との関連性は不明。
ガチムチマッチョなパワーキャラだが、足利義昭の後見人となることで将軍家を利用しているという策略家の一面も持つ。
漫画版ではマサムネの右目を奪った張本人。
乙女アタックにおける最大の壁であり強敵(勝率約0.5%)でオウガイ無双に倒れた乙女紳士は数知れず。
ただし今作は甘デジでしかアタックでお目にかかれない。
今作では北斗シリーズにおけるラオウ的な扱いとなり、専用のモード・乙女リーチ・必殺乙女チャンス・エロゲ(・・・)が用意された。
「オウガイ無双」は、ファンの間で付けられた呼び名(アタックがすべてオウガイ)が公式にモードの名前となったいきさつを持つ。
ふろしき保留の中身がオウガイだとプレミア。
 
必殺技:極王斬


 

斉藤ムラサメ(CV:結城アイラ) ※初代の声優は非公開。おそらく誰かの二役

好物は洋酒。
冷気を操る双刃刀が武器。
斎藤道三で知られる美濃の斎藤家とは関係無い(?)模様。
元来は心優しかったが、かつてのつらい経験により冷酷になった過去をもつ。
性格から容姿まで全身性的要素で固めたまさにエロネーチャン。
筋肉質だったり細身で巨乳だったりする乙女達の中にあってムチムチ系のドストレートなエロキャラ。

必殺技:神威霜天結晶(今作では未使用)


 

相田コタロウ(CV:野村香菜子) ※初代の声優は非公開。おそらく誰かの二役

史実のパロディではない、創作戦国乙女。好物は牛乳
武器は一般的な野太刀を使用する。
どっからどう見てもショタっ子なのだが、実は女性。
でも多分生えt(削除
足利家に仕えるという設定の武将で、オウガイにこきつかわれている。というかパシリ。
一部からはコタロウきゅんの愛称で親しまれている。
今作では乙女ボーナス担当となった。割と弱い演出でも当たったりするので結構できる子。
 
必殺技:小カットイン気合の一撃(今作では未使用)


 

卑弥呼(CV:非公開。多分千葉。)

太古の時代、棒名に自らの力を封印して命を散らした巫女。
今作でもイエヤスに取り憑いているが、乙女の力を借りてその力を解放することが可能になった(エンディングリーチ)。
電サポ後のオマケに登場する他、ST中の当確演出として極まれに登場。ショート演出での一発乱舞Bは破壊力抜群。
漫画版の設定の逆輸入。


必殺技(?):焉りと創りの祈り(今作では未使用)


 

足利ヨシテル(CV:小清水亜美)

室町幕府第13代将軍。
パチスロ版からのゲスト出演扱いで、覚醒ボーナスを引くと登場する。
嫁武将にすることも可能だが、その場合は誰か一人のレベルをMAXにする必要がある。
ただし、開放していても浮気では選択することはできないので注意。