※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プライバシー漏洩《盗聴器,盗撮カメラ》、情報漏えい《盗聴,盗撮》防止総合対策サイト
情報漏洩と盗聴盗撮被害は国内最高水準の調査技術と盗聴盗撮関連知識(無線関連資格)を持つ専門のエキスパートが国内の全盗聴器、盗撮カメラを対象に高精度に調査、発見、除去致します。

・特殊盗聴器(リモコン盗聴器)や特殊カメラでお困りの企業や個人のお客様への盗聴器盗撮探査発見のサービス

弊社の調査内容の主な特徴

  •  国産高性能受信機と専用スペアナ(調査時に常に受信機とスペアナの同期が取れた本格派のスペアナ・受信機システム)-同じAOR社でも現行の中級機であるSR2000Aや高級機種AR6000の場合は、受信モード時に手動操作時のみに一時的に同期を行う簡易スペアナ機能(調査時に有効に機能しないスペアナ機能)しか付属されない欠点が存在している。さらには最近他社で使用される機会が多くなりつつあるSR2000Aの場合には、受信機自体の感度や操作性の面で大きく見劣りすると言う事案が弊社内で行った性能試験で確認されて居りました。(弊社システムと比べ、アンテナその他全て同一条件下、映像電波の調査でも同様。弊社では使えない受信機として戦力外機種と成って居ります。)
  • 26.5GHz対応本格スペアナ(調査時にプリアンプを使用、又、重量8.5Kg、小型軽量のショルダータイプを使用)-他社の場合-総重量約20Kg、対応周波数3GHz周辺迄のベンチトップ型スペアナをHP上で誇らしげに自慢している様ですが、実際の調査時には此れを各部屋ごとに移動させるのでしょうか・・? 又、低料金を最大の売りにしている様だが100㎡辺りの調査料金を観て見ると逆に弊社依り高い料金設定をされている様ですが・・。(弊社の場合、繊細な26.5GHz帯までの電波確認の調査料金は個人の場合でも調査時間4時間で9万円です。その他の調査も含む。各種の国家資格を有す。)
  • 電子回路探知器 NLJDを調査時に使用(特殊なリモコン盗聴器、GPS発信機、未知の変種の盗聴器にも対応!弊社は通常の調査料金内(延長調査)で使用致します。)この機材を含む弊社の特殊盗聴盗撮調査(総調査時間6時間)の総額調査料金(消費税込み)は個人の場合でも12万円と成ります。最近一部の業者で国産の安価な(NLJD-8000H,価格20万円程度)の簡易型NLJDを使用されるようですが、此れは何にでも反応し、また手元の狭い範囲内しか調査出来ません。(この機材は素人を対象にした、あくまで簡易型半導体検出機でしか有りません。)
  • 熱画像カメラを盗聴盗撮調査時に使用-解像度の低い安価な(10万円以下)の虫眼鏡型の大型熱画像カメラを使用する業者が出現して居る様ですが、弊社導入の機材は様々なアングル(ロー、ハイアングル)で映し出す事が可能な小型化とレンズのフォーカス調整が可能(電子基盤上の小さな熱の発生部分の確認が可能、さらにピーク強調機能付き)、製品のランクでは中高級機種(40万円程度)に相当し、様々な場所の点検の用途に最適化されたモデルと成ります。
  • 他社に無い、有線式盗聴器調査機材を拡充、充実させて頂きました。
  • 高性能壁裏金属探知機、ファイバースコープ等特殊調査機材を使った繊細な調査等

     

特殊盗聴器、盗撮カメラ等の調査発見除去は信用と企業実績の有る弊社にお任せ下さい!

1)リモコン盗聴器-弊社は既成品とそれ以外の特殊タイプをも含む(NLJD調査)、他社は全て国産メーカー製の既成品(数機種に限る)のみの対応。

2)設置された場所の分からない高周波型盗聴器(マイクロ波帯)の発見には可搬性、機動力に優れた携帯型(ハンディ型)のスペアナでなければその機材の有効性は担保出来ませんプロ用25GHZ特殊RF探知器はあくまで簡易型の盗聴発見器(多少の不確実な要素を含む為、弊社では現在主力機材から外れて居ります。)と成ります。

 弊社運営サイト

盗聴器発見調査,盗聴盗撮発見調査と総合対策 スキャンロックサービス

盗聴器発見盗撮調査と盗聴発見探査(高精度調査機材群+国家資格+料金)-Sls

盗聴器調査発見,盗聴盗撮発見調査と特殊対策 スキャンロックサービス

特殊盗聴器発見調査、特殊盗撮カメラ発見調査と対策はSls