幕藩体制の動揺


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


幕政の改革

享保の改革

徳川吉宗
①家康     会いたい
 (家康を理想 相対済まし令)

   上げ足      献上      慎重に
 (上米 足高の制 検見→定免法 新田開発町人請負新田)

   9時を目安に実学と同時に現代文
 (公事方目安箱 実学 堂島 元文金銀)
②紀伊出身徳川吉宗
 享保の改革
 相対済まし令
 大岡
 田中隅丘「民間省要」
 荻生そらい「政談」
 室鳩巣

 「キーマン吉宗今日会いたい。奥田民生制服ムラムラ」
享保の改革
①1716 居ない息子が享保の改革
②享保の改革であった出来事
 明日(小野)小町と9時に会いたいじょー

 足高の制
 小石川養生所
 町火消
 公事方御定書
 相対済し令
 定免法
③進研の目安にくじあげまい

 新田開発
 倹約令
 目安箱
 公事方
 上米

社会の変容


一揆と打ちこわし


田沼時代

田沼意次
   戦場で  背なかが  いてえ
(専売制定位銀貨 長崎貿易 印旛沼手賀沼)

うざかった置いてきた友は真っ赤っか
(在方株   田沼意知  赤子養育法)


戦場で背中に怪我してる
置いてきた友は血まみれ
ってイメージ
工藤平助~間宮林蔵
く  工藤平助 
さい 最上徳内
こ  近藤重蔵
かん 間宮林蔵  

寛政の改革

松平定信
   株   いやな松平
(株仲間規制  87 松平定信)

   商人    消えろ
(商人資本抑制 棄捐令)

 農民 かっこいい
(農業復興 囲米)

  一足  里へ帰れば
(人足寄場 旧里帰農令)

  意外と積立金   出てきた
(異学の禁 七分積金 出版統制)


イメージ
株で失敗して商売やめて
田舎に帰って農業やろう
実家に意外と積立金があった
寛政の改革
1787 一縄なえば寛政の改革
出版統制令
寛政の改革で弾圧された文学
近畿来い、三都仕掛けて洒落込んだ
(金々先生栄華夢、黄表紙、恋川春町)、(山東京伝、仕掛文庫、洒落本)

幕府の衰退

列強の接近

ロシアの使節
楽(ラックスマン)すれレザノフ)浪人(ゴローニン)かプー(プーチャ-チン)
近藤重蔵と間宮林蔵
択捉製のコンドーム

近藤重蔵→択捉
間宮林蔵→樺太
と紛らわしいから
フェートン号事件
やれやれ(1808)…ふえぇ
蛮社の獄
いやぁサク(1839)サク行こうぜ、蛮社の獄

文化・文政時代

関東取締出役と寄場組合
 臭い 缶取り、より  ツナ 発臭
(93 関東取締 寄場組合27 八州廻)

大塩の乱

大塩の乱
①されど いっきに坊さん 皆塩かけた
 (30   防長大一揆  37大塩の乱)
②1837 いや~ん見ないで大塩平八郎の乱
 テレビより
 その200年前が島原の乱1637
③嫌みな(1837)大塩平八郎の乱
大塩の乱~モリソン号事件
①いやみな(1837)年号、おおい!モリソン。
 おお=大塩の乱、い=生田万の乱、モリソン=モリソン号事件。
 翌年、モリソン号事件に関連して渡辺崋山と高野長英が・・。
 さらに翌年、この二人などが蛮社の獄・・
 出典:NEW石川日本史B講義の実況中継
②塩水浸水!上のモリソン人テンポよく生きる

 天保期

 大塩の乱1837
 水野忠邦
 薪水給与
 上知令
 モリソン号事件1837
 人返し
 天保
 生田の乱1837
生田万の乱
いくらまんでも 過酷すぎ
(生田万の乱 柏崎国学 )

イメージ
臭いツナ缶取り出したらもっと臭い
坊さんが塩かけるけどそれでも過酷

天保の改革

天保の改革
①1841 意気は良いけど天保の改革
②昔のチャレンジから。
 いやーよい天の水だ
 1841年天保の改革 水野忠邦
③「はよ逝け水野!」
 1841 天保の改革
 上知令に反発する大名をイメージすると覚えやすい
倹約令
天保の改革で弾圧された文学(やや強引だが…)
似せるって強姦、試すんよ人情
(偐紫田舎源氏、柳亭種彦、合巻)、(為永春水、春色梅児誉美、人情本)
滑稽本作者は名前に数字が入っている
上知令
一橋3点、上智0点
(1843、上知令)

経済の近代化


雄藩のおこり


化政文化

化政時代


化政文学

洒落本
某大阪予備校より
洒落た東京で黄色い恋、      ⇒洒落本・山東京伝 黄表紙・恋川春町
寛政の改革で罰された
式亭三馬
浮き世~風呂~
ダダダダダン! 式亭サ・ン・バ!(マツケンサンバ風に)
人情本
某大阪予備校より
あの人の為なら合格したね。    ⇒人情本・為永春水 合巻・柳亭種彦
天保の改革で罰された。洒落本が人情本に。黄表紙が合巻に。

国学の発達

国学の四大人(順番どうり)
集まったかー?もっとひらって
荷田春満→賀茂真淵→本居宣長→平田篤胤
集ま   かー?も もっと  ひらって

洋楽の発達


儒学と教育

石田梅岩
バイトは心だ
心学―石田梅岩「都ヒ問答」(ヒが出ない!)

政治・社会思想の発達

佐藤信淵
佐藤信淵の著作「経済要録」「農政本論」
砂糖は経済の要で本質である

化政美術

葛飾北斎・歌川広重
東か「ぁんどう」五十三次
葛飾北斎・歌川広重
東海道53次     安藤広49(しげ)
富嶽 36ケイ    葛飾北31(さい)
数字が近い同士で覚える

生活と信仰