ガンダムAGE-1タイタス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

正式名称:AGE-1T パイロット:フリット・アスノ
コスト:2000  耐久力:640  変形:× 換装:○(覚醒技)
※各形態の武装、コンボ、および立ち回りに関しては下記個別ページにて。
ガンダムAGE-1 ノーマル タイタス スパロー

射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 岩投擲【小】 3 60 3連射可能
サブ射撃 岩投擲【大】 2 70 強よろけ
特殊射撃 デスペラード 呼出 3 地走だが高誘導。
特殊格闘 リミッター解除 - - 格闘性能アップ、耐久が徐々に減少
格闘 名称 入力 威力
[特格時]
備考
通常格闘 格闘コンボ NNNN 221[251] 特格派生あり。
前格闘 ムーンサルトニープレス 100[110]
横格闘 左パンチ→右裏拳 横N 159[183] 主力格闘。
後格闘 急降下パンチ [138] 衝撃波発生。ズサキャン可。
BD格闘 ビームラリアット BD中前 119[140] 見た目によらず判定出っぱではない
バーストアタック 名称 入力 威力 備考
ランブバースト 3ボタン同時押し 317 ノーマルと同じ。発動後ノーマルに換装。

【更新履歴】新着3件

00/00/00 新規作成

解説&攻略

AGE-1が特格でタイタスウェアに換装した形態。
見た目通りの重量級格闘機(とはいえもう一方のスパローも身軽とはいえ格闘機だが)。
中距離で機能する武装は岩とイワークさんしかなく、しかも全て足が止まる。
MFのような胡散臭い必殺技はもちろんバルカンすらなく、射撃はかなり貧相。

特格に更なる強化換装を備えており、スリップダメージ(時間経過でダメージ)の代わりに機動力や攻撃全般が強化されるという珍しい強化方式。

スパローと比較すると
  • 発生が良い武装が多い
  • 格闘火力が高い
  • スリップダメージがあるにせよ特格時の性能が高い
  • AGE-1のメイン・サブを参照とするため最速で進化できる
などと言った強みがある。

端的に言えば迎撃、自衛、ワンチャン火力を求めるならこちら。
逆に言えば、攻めていく、逃げる敵を覚醒/ドライブ無しで追う、といった状況では厳しい。
スパローだけでは火力不足が顕著なのでこちらも使いこなさなければ救世主にはなれないだろう。




射撃武器

【メイン射撃】岩投擲【小】

[撃ち切りリロード][リロード:3秒/3発][属性:実弾][よろけ][ダウン値:][補正率:%]
小さめの岩を投げる、ボタン連打すれば弾切れまで連投可能。ヒットでよろけ。全弾ヒットで強制ダウン。
挙動は赤枠のCSに近く、上下と奥への誘導はそこそこある。アプデで左右にもそこそこ誘導するようになった。
銃口補正は良く、弾速や補正率もアプデで良化している。

【サブ射撃】岩投擲【大】

[撃ち切りリロード][リロード:6秒/2発][属性:実弾][強よろけ][ダウン値:][補正率:%]
大き目の岩を投げる。射撃防御、当たり判定があり、出がかりで敵の射撃を消しながら当てられる事もある。
メインと違って落ちにくいため誘導はほとんどない。迎撃やメインが当たったところを取る際に。
こちらは強よろけで、当てれば格闘の起点にしやすい。アプデで弾速も向上し使いやすくなった。
ドアンザクと違ってメインからキャンセルは出来ない。しかし特格へキャンセル可能。

【特殊射撃】デスペラード 呼出

[撃ち切りリロード][リロード:12秒/3発][属性:アシスト/格闘][強よろけ][ダウン値:][補正率:%]
「俺達の生活を邪魔するな!」
イワーク・ブライアの駆る作業用メカ、デスペラードを呼び出す。
一言で言えば超強化版アッグガイ。走っていき、接触でヒートスコップの一突き。多段ヒットの格闘属性。
頭一つ抜けた、というほどでもないが非常に速く誘導も良いため警戒されていないと案外刺さる。
この系統の常でステップ一発に無力だが、闇討ちで当てられれば相手はこちらにロックを向けることを強いられる。
またスパローのウルフさんと異なりヒットまで誘導がかかる(ウルフは至近で攻撃モーションに入り誘導が途切れる)ので移動する相手を捉えやすい。
中距離戦~近接でのセットプレイなど多用途に。
アプデで耐久が上がった他、強よろけ属性に変更され、追撃しやすくなった。

【特殊格闘】リミッター解除

[属性:換装]
磁気旋光システムのリミッターを解除する。
格闘の伸び、威力がアップするが耐久値が秒間2のペースで減少。耐久値1になった時点で減少がストップするので自決することはない。
再入力で通常状態に戻すことも可能。レバー下入力で視点変更カット可能。
自機の被ダメやダウン中でも耐久減少は止まらない上、自然減少では覚醒ゲージは増えない。
無闇に発動しても耐久と覚醒が勿体無いだけなので、確実に格闘を決められる状況で使っていきたいところ。
一方で耐久が250に近づいたら、これで調節してドライブ発動に持っていく事も可能。

格闘

【通常格闘】格闘コンボ

緩慢な動作の4段格闘。最終段は多段ヒットのショルダータックル。
最終段以外から特格派生可能。
カット耐性は低い。
アプデで追従性能が向上した。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 右パンチ 75[80](80%) 75[80](-20%) 1.7 1.7 よろけ
┣特格派生1段目 掴み [96](80%) [20](-0%) 1.7 0 掴み
┃┗特格派生2段目 叩きつけ [192](60%) [120](-20%) 2.7 1.0 バウンドダウン
┗2段目 膝蹴り 123[134](65%) 60[70](-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┣特格派生1段目 掴み [147](65%) [20](-0%) 2.0 0 掴み
 ┃┗特格派生2段目 叩きつけ [225](45%) [120](-20%) 3.0 1.0 バウンドダウン
 ┗3段目 オルテガハンマー 169[185](53%) 70[75](-12%) 2.3 0.3 よろけ
  ┣特格派生1段目 掴み [196](53%) [20](-0%) 掴み
  ┃┗特格派生2段目 叩きつけ [260](33%) [120](-20%) バウンドダウン
  ┗4段目 ショルダータックル 221[251](43%) 20[26]*(-2%*5) 3.3 0.2*5 ダウン

【前格闘】ムーンサルトニープレス

飛び上がりからの一段。至近距離だと飛ばずにその場で攻撃。命中すれば相手もろとも落下する。
動作はもっさりしており、スパローの後格のような跳ね返りモーションも無い。
追撃の望めない単発高威力系なので、コンボの締めが主な運用か。

前格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 ムーンサルトニープレス [110](%) [110](-%) ダウン

【横格闘】左パンチ→右裏拳

タイタスの中では手早く終わる二段格闘。
初段から特格派生可能。
通常時でも出し切り即右ステで横格を繋げられる。

横格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 左パンチ 70[80](80%) [80](-20%) 1.7 1.7 よろけ
┣特格派生1段目 掴み [96](80%) [20](-0%) 1.7 0? 掴み
┃┗特格派生2段目 叩きつけ [192](60%) [120](-20%) 2.7? 1.0? バウンドダウン
┗2段目 右裏拳 159[183](65%) 40[45]*3(-5%)*3 2.6 0.3*3 特殊ダウン

【後格闘】急降下パンチ

通称「床ドン」。
急降下して地面を殴り、自機の全方位に衝撃波を発生させる。接地判定ありで、硬直時間は短め。
よくある他機体の接地格闘とは異なり上昇動作が無くすぐ降下するため、降下中の被弾のリスクが少ない。
接地後即虹ステする事でズサキャンも可能。
うまいこといけば衝撃波でミサイル1発くらいなら消せることも。
衝撃波は自衛に有効であり、迂闊に生格を狙ってきている相手を返り討ちにすることも出来る。追撃も比較的容易。

後格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 パンチ (%) (-%)
┗2段目 衝撃波 (%) (-%) ダウン

【BD格闘】ビームラリアット

「ビームラリアットオォォォォォォ!!」
タイタスを象徴するビームラリアット。多段ヒットで打ち上げダウン。
タイタスの格闘の中でも非常に伸びが良く扱いやすい攻撃。後ステで各種追撃が可能。
アプデで追従性能も向上し、さらに当てやすくなっている。
判定出っ放しではないので相手の格闘とかち合うと負ける場合が多い、闇討ちで狙うのがベター。

BD格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 ビームラリアット 119[140](65%) 27[33]*5(-7*5%) 2.0? 0.4*5? 打ち上げダウン

【特殊格闘中特殊格闘派生】パイルドライバー

特殊格闘中のN格、横格の最終段以外から派生で出せる。
掴んで回転しながら地面に叩きつけでバウンドダウン。
忍者の後派生よりもかなり緩慢な動作で、かつ叩き付けのダメージが入るタイミングが遅めなので注意。
キャンセルは相手が打ち上がった後にしないと優しく寝かせるだけになる。
もちろん原作ではこんなことはしていない。

バーストアタック

ランブバースト

ノーマル形態と同じ。スパローで斬り抜け→タイタスでかち上げ→ノーマルでライフル精密射撃の流れで攻撃。
発動してしまえば出し切ろうが素振りだろうがカットされようがノーマル形態に戻る。
現状、ノーマル形態に戻れる唯一の手段なので、状況によっては素振りするのも手か。

覚醒技 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 属性
1段目 斬り抜け スタン
┗2段目 掴み
 ┗3段目 打ち上げ
  ┗4段目 ドッズライフル精密射撃

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル、[]は特格時)

威力 備考
メイン始動
メイン≫NNNN ???
サブ始動
サブ≫NNNN ???
特射始動
特射≫NNN特格派生 [246]
N格始動
NNN>NNNN ???
NNN>NNN特格派生 [280]
前格始動
???
横格始動
横N>横N 241[279] 主力。早く終わり、しかも中々の威力
横特格派生>横特格派生 [296] パイルドライバー2連発。
後格始動
???
BD格始動
BD格>NNNN ???
BD格>NNN特格派生 [273]
BD格>横特格派生>前 [283]
覚醒時
NNN特格派生>覚醒技 ???
BD格>覚醒技 ???

戦術

格闘の火力はあるが、格闘の動きが遅い。という格闘機の中では今までにないヘビー級MS。
射撃はすべて足が止まるので、相方を片追いされると不意打ちからのイワークさん、ビームラリアットぐらいしか
止める手段がなく、敵を追うということに関してはかなり厳しい。
しかしサブは誘導はないが判定が大きいため案外引っ掛かりやすく、強よろけなのでそこからメインや格闘を当てていくことができる。
特射のイワークさんも地走系だが誘導が素晴らしいので性能で見ればかなり優秀。
近接戦闘は格闘の発生自体は悪くないので、力任せに当てていくことが出来る(かもしれない)。
覚醒+Fドライブ+特格の爆発力は目を見張るものがあり、相手はこちらを警戒せずにはいられない。
しかし逆にこの時にダメージをとれないと、相手からまったく見られなくなってしまうので
この機体は自分を主張することを強いられている。

オーバードライブ考察

もちろんFドライブ推奨。覚醒+ドライブを使えば相手に一矢報いることができるだろう。

僚機考察


外部リンク