キュベレイ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こちらは武装解説等のページ。
コンボ、テクニック、小技はキュベレイ(考察)へ。
正式名称:AMX-004 QUBELEY パイロット:ハマーン・カーン
コスト:2500  耐久力:700  変形:○  換装:×
射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 ビーム・ガン 10 80 相変わらずの性能
射撃CS ビーム・ガン【両手撃ち】 - 120 単発ダウン。ハンマ・ハンマも連動発射
格闘CS ファンネル【一斉射出】 - 24~130 前作射CSが移動。8発発射
マルチ格闘CS ファンネル【一斉射出(マルチ)】 - 24~83 前作射CSが移動。敵2体に4発ずつ発射
サブ射撃 ファンネル【設置】/【射出】 24 68 1回で3発発射
特殊射撃 ファンネル【射撃】 - - EXVS時の任意発射コマンドが復活
特殊格闘 ハンマ・ハンマ&R・ジャジャ 呼出 1 75/111 ハンマ・ハンマは従属アシ、R・ジャジャは突進→拘束→爆発
後格闘 プレッシャー 1 0 弱スタンになった
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 ビーム・サーベル NNN 178 判定の広い三段斬り
前格闘 連続突き 前NNN 210 サーベルで連続突き
横格闘 クロス斬り 横N 127 相手を打ち上げる二段技
射撃派生 横N射 209 空中に打ち上げファンネル追撃(最大3Hit)
BD格闘 回転薙ぎ上げ BD中前 76 前作の後格が移動。NEXTのBD格闘に似た2hit斬り上げ
射撃派生 BD中前射 182 空中に打ち上げファンネル追撃(最大5Hit)
バーストアタック 名称 入力 威力 備考
キュベレイ乱舞 3ボタン同時押し 287~328 突進-乱舞斬り-斬り抜け-抱きついてファンネル一斉射撃 乱舞中射撃でファンネル追撃

【更新履歴】新着2件

15/05/30 アップデートに伴い更新
14/08/07 更新

解説&攻略

ネオ・ジオンの首魁「ハマーン・カーン」の愛機キュベレイが引き続き参戦。
任意で発射できるファンネルを特徴とする、射撃寄り万能機。

高水準のBR、慣性がよく乗る高弾速のCS、優秀な連動アシストと、射撃武装は申し分ない。
基礎性能の高さにより、単純に万能機のような動き方でも活躍は見込めるが、
任意発射という特徴的なファンネルを使いこなすことで、独自の射撃戦が展開できることが他にない強み。

任意ということは発射タイミングを自分で選べるということでもあるため、
慣れてくれば「いつ弾が飛んでくるか読みにくい」、「射線がどこにあるか分かりにくい」といったゆさぶりをかけられる。
また他のファンネルと異なり、能動的・積極的に着地を狙っていくこともできるだろう。
相手の動きに合わせた柔軟なファンネル運用が出来れば強力な武器となる。

反面、操作は煩雑化しており、前作とは全く異なっている。
むしろ前々作である無印エクバの方が操作感は近いので、フルブ経験者は慣れが必要。

機体が大きく、弾が引っかかりやすいため、回避動作には慣れが要る。
独特な慣性、落下の遅さは修正によりだいぶ緩和されているが、それでも射撃戦で不利になる場面は多い。
しかしそれを補うように、多くの落下技やステップの踏める変形、慣性移動などの移動テクニックを持つ。
これらを取り入れることで読みにくい回避が出来ることもまた、キュベレイの特徴。

独特な機動性に癖が強く、射撃寄りとはいってもケルやエクリプスほど強力に特化された性能ではないため、
近接でもプレッシャーなどを絡めてある程度ダメージを取る必要があるなど、全体として玄人向け。
CSとサブの弾幕は誇れるが、決定力にやや欠け、これを何とか補ってダメージレースに勝つ形となる。

勝利ポーズは3種類。
基本はサーベル構え。
アシスト出現中に勝利するとハンマ・ハンマに薔薇を与える。
覚醒勝利は前作同様のプレッシャー大展開。
敗北ポーズも前作同様で、爆散する。





射撃武器

【メイン射撃】ビーム・ガン

[常時リロード][リロード:3秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2.0][補正率:-30%]
両腕に装備されたビームガン。威力が高い。
使用感は前作と同じで、射角の癖も同じ。
サブ/特射/特格/後格でキャンセル可能。

射撃CSが追加されたがとっさに撃てる射撃武装はこれだけである。
アメキャンや格チャメキャン等、落下にも使うので弾切れしやすい。
適度に射撃CSを混ぜて弾を温存しておこう。

変形中は変形状態のまま発射。射角内であれば銃口補正がかかり、射角外であれば向いている方向に撃つ。

【射撃CS】ビーム・ガン【両手撃ち】

[チャージ時間:2秒][属性:ビーム][ダウン][ダウン値:3.0*2][補正率:-30%*2]
ダウン属性のビームを放つ、スタンダードなチャージ射撃。
高弾速なため、中距離からの狙撃、特に着地取りなどで活用される。
慣性が良く残ることから、射撃戦の中においても撃ちやすいのが嬉しい。

任意ファンネルとの同時連携は、コマンド配置の関係上、やや厳しいものがある。
ゲージ管理のもと機を伺いながら、任意で取るのか、CSで取るのか、随時切り替えていきたい。

変形中はMS状態に戻ってから発射。

【格闘CS】ファンネル【一斉射出】

[チャージ時間:3秒][属性:ファンネル][よろけ][ダウン値:0.8][補正率:-10%]
ファンネル8基によるオールレンジ攻撃。足は止まるものの、慣性で滑る。1Hit24ダメージ。
ファンネルは相手に向かった後包囲するように展開され、一斉射撃する。前作同様3hitしないとよろけない。
ロックを切り替えることでマルチロック可能。敵2体に4発ずつ発射。
メイン・射CSをするとマルチからシングルに戻る。
サブのファンネルとは別個の扱いであり、併用が可能。

前作同様低い追尾性能・3hitよろけなど性能は劣悪ではあるが、牽制も兼ねてガンガンまいて損はない。
サブを飛ばす合間合間にこれで弾数を節約したい所。
格闘CS→メインorサブで自由落下に移行。格闘CS発射の時点で必ず正面を向くのでメインCでも振り向き撃ちにはならない。

変形中は変形したまま足を止めずに使用可能。

【サブ射撃】ファンネル 【設置】/【射出】

[常時リロード][リロード:2秒/1発][属性:ファンネル][よろけ][ダウン値:0.9][補正率:-10%]
レバーNでファンネルをその場に設置、レバー入力でファンネルを相手へ飛ばす。
メインからキャンセルが可能で、サブからメイン・特格へキャンセルできる。前作とは違いNサブレバサブ共にメインへキャンセル可能。
3発1セットで、最大3セットまで同時展開可能。

ファンネルを飛ばして一定時間経つと自動で発射される。
発射前までならば、特射入力による発射タイミングの指定も受け付けている。
任意発射による射撃はタイミングが読みにくいため、積極的に当てていくなら任意発射は必須と言える。

今回もファンネルの射出の軌道が正面から見ると螺旋を描いて広がっていく。
ZZの2期OP「サイレントヴォイス」のそれや、アニメでのファンネル射出に似た動き。

変形中は変形したまま足を止めずに使用可能。

【特殊射撃】ファンネル【射撃】

サブでセットしたファンネルからビームを発射させる。
発射動作は足を止めるが、慣性を残しやすく、ステップと同時に用いると大きく移動しながら発射が出来る。
複数のファンネルがセットされている場合は、順次ではなく全て同時に発射するので覚えておこう。

行動硬直が短く、先行入力することでシールドガードを仕込んでおくことが出来る。
変形中はMS状態に戻ってから発射する。

【特殊格闘】ハンマ・ハンマ&R・ジャジャ 呼出

[撃ち切りリロード][リロード:20秒/1発][クールタイム:1秒][属性:アシスト]
「ハマーン様!ここはこのマシュマーが!」
ハンマ・ハンマとR・ジャジャをそれぞれ左右に召喚。
両方のアシストが消滅してからリロード開始される。

変形中は変形したまま足を止めずに使用可能。

ハンマ・ハンマ

[属性:ビーム][よろけ][ダウン値:0.5*3][補正率:-10%*3]
追従型アシストで、キュベレイのBRに追従してメガ粒子砲を撃ってくれる他、普段は正面に位置して射撃シールド判定を持つ。
メガ粒子砲は威力25のビームが3本同時に発射される。全てHitで75ダメ。
シールド判定は常に発動し、追従中はシールド防御をしてもハンマ・ハンマが防いでしまうので注意。
ダウン中にも防御判定があるため、ダウン時に剥がされてしまうことも。
BR発射時には射線からどいてしまうので一瞬正面ががら空きになってしまう。15カウント自機に追従。

R・ジャジャ

動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 拘束 30(90%) 30(-10%) 0.1 0.1 掴み
┗2段目 爆発 111(70%) 90(-20%) 2.1 2.0 特殊ダウン

赤ロックに入ると相手に向かって突撃し、ヒットすると抱きついて拘束>爆発(掴んだ敵以外にも爆風はHitする)。拘束部分は射撃判定。
10秒間赤ロックに入らないと消滅する。

どちらも相変わらずの性能だが、任意で出せるので扱いやすい。
特にハンマ・ハンマはキュベレイの薄い弾幕を強化してくれる他、シールド効果も持つので重要。
リロードは決して早くはないので使う場面は見極めたい。
召喚中であっても覚醒すれば即リロードされる。

役割の異なるアシストを同時に召喚するため、2つを同時にフル活用することは難しい。
基本的にはハンマ・ハンマの方が優先度が高いので、R・ジャジャは牽制と割り切り使うのもいい。
任意召喚できるので、00のアリオスのように拘束コンボでの用途も期待できる。
ただし拘束の部分にもダウン値があるので、コンボ次第では接触した時点での強制ダウン(掴み失敗)もあるので気をつけよう。

前作とは違い慣性が乗るようになり、メインからキャンセルとアメキャンが出来るようになった。

【後格闘】プレッシャー

[撃ち切りリロード][リロード:15秒/1発][クールタイム:5秒][属性:オーラ][弱スタン][ダウン値:1.0][補正率:-10%]
「それ以上の無礼はやめい!!」
キュベレイの代名詞ともいえる武装。
力を溜め、周囲に紫色の球状のプレッシャーオーラを展開。
両腕を交差し構えている間はスーパーアーマーが付くがダウン値が溜まれば潰される。
味方に対しても効果があるのは相変わらず注意点のひとつ。

ダメージ0の普通の射撃判定。ABCマント、フルクロスは貫通する。
シールドガードは不可能。00Rやクシャの全方位シールドでも防ぐことが出来ない。

守りにも攻めにもそれなりに使えるキュベレイの要。
格闘に対するカウンター、死角から、移動方向を先読みして展開、覚醒抜け潰し…と操縦者の力量が試される。
白兵戦にもつれ込んだ際のキュベレイ最後の切り札なので、運用は慎重に。
アシスト持ちには発生の差を突かれ、SA後を潰されたりするので注意。
これをいかに上手く生かせるかでこの機体の実力が大きく変わると言っても過言ではない。
迎撃に使用する際はステキャンの強化によりモーションを見てから離脱が容易になっているので注意。

今作からスタンが弱スタンに変更された。
追撃をしなかった場合、相手はダウンせず動けるようになるため注意。

変形中はMS状態に戻ってから発射。

変形

前作と変わらず、変形中に横ステップ(ローリング回避)が可能。
旋回性能は低いかわりに速度がかなり速い。
また変形解除硬直は長いが、慣性が乗ってかなり移動する。

変形サブ→メインのキャンセルルートが削除されてしまったので無限変形は不可能に。
通常時と同様の射撃武装が基本的に足を止めずに撃て、射撃CS・特射・後格使用時に変形が解除される。
変形格闘コマンドは存在しない。

格闘

基本的には前作と変わらず。

【通常格闘】ビーム・サーベル

薙ぎ→薙ぎ→逆手持ちのサーベルで刺す3段格闘。
今作から初段の威力が60から70に上昇。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 薙ぎ 70(80%) 70(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 薙ぎ 126(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┗3段目 逆手刺し 178(55%) 80(-10%) 2.5 0.5 ダウン

【前格闘】連続突き

おなじみの突き刺し。攻撃時間が長いのでカットされやすいが万能機としては破格のダメージ。
突き刺す性質上判定に優れ、奥行きもかなりある。

前格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 突き 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 突き 121(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┗3段目 突き 167(53%) 70(-12%) 2.3 0.3 よろけ
  ┗4段目 突き飛ばし 210(43%) 80(-10%) 3.5 1.2 ダウン

【横格闘】クロス斬り

サーベルをクロスさせて斬る2段技。
キュベレイの格闘の中では発生に優れ、回り込みもなかなか優秀。
壁際では射撃派生が当たらないことがある。

横格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目(1Hit) クロス斬り 35(90%) 35(-10%) 1.0 1.0 よろけ
1段目(2Hit) クロス斬り 71(80%) 40(-10%) 1.7 0.7 よろけ
┗2段目 落とし斬り 127(65%) 70(-15%) 2.7 1.0 特殊ダウン
 ┗射撃派生 ファンネル追撃 209(50%) 45(-5%)*3 3.0 0.1*3 特殊ダウン

【BD格闘】斬り上げ

前作の後格闘。
サーベルで切り上げ2ヒットの格闘。〆に使えば打ち上げてなかなかの時間拘束できる。
射撃派生のファンネルによる追撃は、ファンネル展開後ならBDキャンセルしても追撃してくれる。
1Hit目が当たっていれば2Hit目が当たらずとも射撃派生が可能。

後格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目(1Hit) 薙ぎ上げ 40(90%) 40(-10%) 1.0 1.0 よろけ
1段目(2Hit) 薙ぎ上げ 76(80%) 40(-10%) 2.0 1.0 特殊ダウン
┗射撃派生 ファンネル追撃 182(55%) 30(-5%)*5 2.5 0.1*5 特殊ダウン

バーストアタック

キュベレイ乱舞

「よくもズケズケと人の中に入る…。恥を知れ!俗物!!」
技名通りの乱舞格闘。
モーションは、両手でサーベルを突きだして突進→サーベル乱舞→切り抜け→抱き付き&ファンネル展開→一斉射撃。
サーベル乱舞中は射撃ボタンでファンネルからビーム発射。威力が上がるので連打必須。
抱き付きから一斉射撃までがかなり長い。
乱舞中の追加ファンネルや最後のファンネルは各種バリア・マントに防がれてしまう。
(生当ての場合はバリアを96削る+出し切り332ダメに上昇。最低補正状態の時はバリアが21しか削れない。)
抱きつきからのファンネル展開はジュドーとの最終決戦で見せた原作再現でもある。

キュベレイ乱舞 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
元威力 累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1Hit目 両手突き 81(85%) 81(-15%) 75 0 0 よろけ
2Hit目 右突き 113(80%) 38(-5%) 35 0 0 よろけ
3Hit目 左突き 143(75%) 38(-5%) 35 0 0 よろけ
4Hit目 左突き 172(70%) 38(-5%) 35 0 0 よろけ
5Hit目 右突き 199(65%) 38(-5%) 35 0 0 よろけ
6Hit目 切り抜け 231(60%) 49(-5%) 45 0 0 スタン
7Hit目 抱きつき 251(50%) 33(-10%) 30 0 0 掴み
8-16Hit目 ファンネル一斉射撃 272(10%) 7(-5%)*9 6 0 0 よろけ
17Hit目 ふっとばし 287(10%) 161(-??%) 150 10 10 ダウン
追加入力(MAX12発) ファンネル射撃 -(-%) 7(-1%) 6 0 0 よろけ


コンボ、テクニック、小技はキュベレイ(考察)へ。

外部リンク