V2アサルトガンダム

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

正式名称:LM314V24 VICTORY TWO-ASSAULT GUNDAM パイロット:ウッソ・エヴィン
コスト:3000  耐久力:750  変形:×  換装:○
※各形態の武装、コンボ、および立ち回りに関しては下記個別ページにて。
V2ガンダム ノーマル アサルト アサルトバスター

名称 弾数 威力 備考
射撃 メガビーム・ライフル 5 95 前作より弾数増加
射撃CS ヴェスバー 2秒 110 片側のみヒットで特殊ダウン
格闘CS Vダッシュガンダム/ガンブラスター呼出 2.5秒 132/61 レバーN:Vダッシュガンダムのオーバーハングキャノン照射
レバー入れ:ガンブラスターのビームサーベル突撃
サブ射撃 メガビーム・ライフル【照射】 1 200 回転率のいいゲロビ
特殊射撃 武装解除/アサルトバスターに換装 100 - アサルトバスター…レバーN(ゲージ100)
ノーマル…レバー後、レバーN(ゲージ100未満)
特殊格闘 Vビーム射出 2 70 撃ち切りリロードに変更
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 サーベル払い切り二段 NN 129 前・横・BD格もこれになる
後格闘 メガビーム・シールド いつものシールド設置
バーストアタック 名称 入力 威力 備考
V2A時 光の翼 3ボタン同時押し 305 生時と同じ

【更新履歴】新着3件

15/02/01 ページを各形態ごとに分割

解説&攻略

V2ガンダムにアサルトパーツを装備した形態。wiki内での略称は(V2)A。

単発ダウン属性のメインを始め、豊富な射撃武装が並び、後格にMBS(メガビーム・シールド)を備え、高い防御性能を持つ。
その分BDやステップ時のブースト消費量が生V2より悪化し、格闘も(覚醒技を除けば)一種類になるため、攻めるための力が弱まる。
以上の通り、名にアサルト(=強襲の意)とついているが、その実態は奪ダウン力に優れ、MBSを展開して戦う「攻めより自衛力重視」の形態といえる。




射撃武器

【メイン射撃】メガビーム・ライフル

[常時リロード][リロード:3秒/1発][属性:ビーム][ダウン][ダウン値:3][補正率:%]
足を止めずに撃てるダウン属性で弾速が少し速く太いBR。
前作から更に1発増え、5発に。

EXVS稼働から現在に至っても足を止めずに撃てる単発ダウン属性且つ非強制ダウンのメインはV2Aのみ。
他の一般的なビームライフルのようにダウンを取るまでの追撃を考慮する事が少なく済む。
その分ブースト消費も抑えやすいので結果的にノーマルV2よりブースト量に余裕を持って戦いやすい。

ただし、通常ダウンなので場合によっては受け身が取れる点に注意。
命中時の吹っ飛び方の関係でメインからの追撃は基本的に安定せずダメージを稼ぎにくいのが欠点。
しかし、当てやすい上に単発ダウンなので、火力はともかく片追いや時間稼ぎ、格闘に対する迎撃には非常に優れている。

サブ、特格、特射、後格闘へキャンセル可能。MBS設置中のみ、後格を使うとN格闘が出る。
後格へのキャンセルルートは重要。

【CS】ヴェスバー

[チャージ時間:2秒][属性:ビーム][特殊ダウン][ダウン値:2.5×2][補正率:%]
腰のヴェスバーから、メインのような弾を左右2本同時に発射。1本だけヒットすると縦回転の特殊ダウン。
弾の横幅が広くひっかかりやすい。そのため片方しかヒットしないことがあるが、特殊ダウンになるので反撃されにくい。
発射前の慣性が乗り、弾速や誘導はそこそこ。メインの節約のためにセカインなどを使って織り交ぜていきたい。
特殊射撃にキャンセルが可能。

【格闘CS】Vダッシュガンダム/ガンブラスター呼出

[チャージ時間:2.5秒][属性:アシスト]
V2と同じだが、数多く撃てないA形態ではなかなか重宝する。
特にレバー入れアシストはヒットを見てからサブが安定するので重要。
格闘ボタンを押しっぱなしにするため、肝心な場面でMBSが使えないといったことがないように注意しよう。

【サブ射撃】メガビーム・ライフル【照射】

[撃ちきりリロード][リロード:??秒/1発][属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:][補正率:%]
青白く細い照射ビームを放つ。
妙に吸い付きが良く、細い割にhitすればカス当たりがほとんどないのが特徴。ダメージ効率も悪くない方。
しかしそれ以外の要素(太さ・銃口補正・発生)はどれをとってもパッとせず、他機体のゲロビと比較するとどうしても使い辛い。
ゲロビにしてはリロードが早く照射時間が短め。性能の低さを回転率で補っているという感じ。
とはいえV2ガンダムの貴重なダメージ源兼ABがないときの自己主張手段。癖をつかんで当てられるようにしたい。
性質上近い距離の方が当てやすい。弾速がそこそこ速いので事故狙いで置くことも一応可能。
リロードの短さも相まって高い回転率を誇るが、長い硬直を晒すため相手の射撃には注意。

【特殊射撃】武装解除/アサルトバスターに換装

[特殊リロード][リロード:20秒/100][クールタイム:13秒][持続時間:20秒]
ゲージ100、レバーNで最大20秒間ABに換装する。
ゲージ100、レバー後でパージ。
ゲージが溜まっていなければ、レバーの有無に関係なくV2に換装する。
今作では特射から換装先の後格へキャンセルが出来るようになっている。

【特殊格闘】Vビーム射出

[撃ちきりリロード][リロード:??秒/1発][属性:ビーム][スタン][ダウン値:][補正率:%]
MBSから黄色く巨大な『V』の字を発射。残像を残しつつ飛んで行き、触れた敵はスタンする。
このVの字はビーム属性で、障害物や地面に引っかかってしばらく停滞するという特徴がある。
銃口補正は比較的優秀で、大きいため近距離でひっかけるのは割と得意な方。
弾速は非常に遅いが、発生は速いため近距離に迫った格闘機などに威力を発揮する。

MBSを設置中に特格を使用すると、VビームはV2からではなく設置されているMBSから発射される。
ビームはMBSの向いている方向から発射されるので銃口補正がない。誘導もない模様。
このため使い道はあまりない。MBSが展開されている間は実質特格がないと考えるべきだろう。

前作の常時リロードから撃ち切りリロードになった。
前作では迎撃用に常に1発残しておくような使い方もあったが、今作ではMBSの発生が速くなったこともありさっさと打ち切ってしまった方がいいかもしれない。

格闘

【通常格闘】2段薙ぎ払い

ビーム・サーベルを構えて突進し、機体を回転させつつ2連斬り。
発生は速いが、伸びは万能機下位なのであくまでもよられた時の自衛択。初段を特格キャンセル可能。
アサルト時は後格闘を除き格闘が全てこれになり、MBS設置中なら後格闘もN格闘になる。
MBS設置中でもメイン→後格闘のキャンセルルートはそのままなので、設置中はメインからN格闘を出すことが可能。
再誘導が掛かる上にN格闘は発生が速くなったので覚えていて損はないだろう。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 薙ぎ払い (%) (-%)
┗2段目 薙ぎ払い (%) (-%)

【後格闘】メガビーム・シールド

[属性:アシスト]
ビーム属性の攻撃判定を持ったシールドを展開→設置する。格闘のため虹ステが可能。
V2A、ABともにメイン射撃からキャンセルして展開可能。換装からもキャンセルが可能になり、5/27アップデートで発生も速くなった。

設置中のMBSは一部を除いた射撃武装を防ぐ効果を持つ。
展開したV2本体を除いた他の機体がMBSにぶつかるとダメージを受けてよろける。ABCマント装備状態の機体も弾く。
他の設置系の例にもれずアシスト系武装はMBSへ誘導される。
展開前に射撃を受けた場合は、通常のシールドガードへと移行する。
「シールドガードに成功すると-10%の防御補正が働く」という仕様はこのシールドガードにも適用され、しっかりと覚醒ゲージも貯まる。
展開前に格闘を受けた場合はカウンター(敵機は弱スタン)となり、敵がスタンするが他のカウンターのような追加攻撃はないのでメインかサブで追撃を。

MBSは緑ロックだと自機が向いてる方向に設置するので、振り向きメインで正面を向いてからキャンセルで出すといい(格闘暴発の危険性も減る)。

ステージ端に追い詰められたときの択としても依然として有力。
自分が狙われており、どうしても時間を稼ぐ必要があるときはこれを使って篭城することができる。
相方が狙われる事になるので注意。

設置されたMBSの耐久はBR系数発分で、BRやBM等であれば破壊されることは無い。
バズーカ系射撃は1発で壊れてしまう上に爆風はこちら側まで届くので注意。逆に爆風の無いBZ(青枠サブ、ヅダサブ等)であれば破壊はされない。
更にMBSはV2がダウンorスタンすると展開解除となってしまう。
ゲロビ系は基本最初は防いでくれるが途中でMBSが破壊され、V2にダメージが通ってしまうため逃げるなり手動シールドを張るなりしたい。
照射時間の短いゲロビは防ぎきることが可能。(サザビー特射、リボC特射等)
照射時間の長いゲロビ(FAZZ特射、百式特射等)、ヒット間隔が短いゲロビ(V2ABサブ、ストフリサブ、デュナメスFS特射等)は破壊された挙句フルヒットしてしまうので注意。
また、アシスト属性の為F91のビームシールド投げ等のアシストを引き付ける射撃でも一撃で破壊されてしまう。

○盾をすり抜ける武装一覧
  • 各種ブーメラン系
  • 各種アンカー系
  • 各種鞭系
  • ゴッド&マスター 石破天驚拳
  • ドラゴン メイン、レバー入れ特格
  • アルトロン メイン、特格
  • ガンダムXDV ハモニカブレード
  • ヴァサーゴ アシュタロンHC(本体)
  • ∀ メイン
  • ∞ジャスティス リフター
  • スターゲイザー N格
  • スサノオ CSとサブ
  • 試作2号機 Nサブ
  • ガーベラテトラ 特格
  • グフカス 後格
  • ヅダ 特格
  • ゴールドフレーム サブ
  • ゴールドスモー 特格(スモー本体が盾に当たるのでダメージは少量)
  • X3 格CS中特格(ゴールドスモーとは違い完全にすり抜けてくる)

また、スーパーアーマー状態の敵はMBSに当たってもよろけない為実質防御不可。シールドビットも同様にすり抜けるが、MBSの持つ攻撃判定で耐久値を減らすことはできる。

バーストアタック(生V2・V2A時)

光の翼

「おまえたちなんかー!」
アニメ最終回でゴトラタンのビームを防ぎ、エンジェルハイロゥを吹き飛ばしたシーンの再現技。 性能面は前作とほぼ同様。
ステップされなければ脅威の誘導で短距離を突進し、翼で打ち上げた後に翼で包み込む2段格闘。
突進し始めると射撃バリア判定が発生。耐久値無限(要検証)で、ゲロビに突っ込むとヒットストップしつつ防ぎきり、覚醒技をぶち込む。
出掛かりに少々タメがあり、翼を纏ってはいるもののこのときは無防備である。

極限技 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
威力元値 累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 光の翼突進 (%) (-%)
┗2段目 光の翼包み込み (%) (-%)

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル)

威力 備考
格闘CS始動
???
N格始動
???
覚醒時
???

戦術

武装の大半がダウン属性で固められていて、相手を転ばせることが得意。
接近されてもMBSでの拒否ができるため非常に自衛力が高い。
また、特格がVビームになるので3形態では唯一、特格の光の翼が無い。
総じて守りに主眼を置いた形態で時間を稼ぐにはうってつけだが、
防御に寄り過ぎているため、相方に狙いが向きやすく、しかも相方を守りづらいという難点がある。

V2と比べての優位点は
  • ダウン属性の武装が豊富でダウンを奪いやすい
  • メインが単発ダウンである分弾の消耗を抑えやすいので継戦能力が高い
  • メインに加えてMBSにより自衛・迎撃がしやすい
  • 照射ビームが使える
など。

基本的にV2A自体を狙ってくる相手に対しては手数の豊富さから対処がしやすい。
反面、僚機が狙われた時は咄嗟に撃てるのがメインだけ、機動力が悪いなどの理由でかなり不便。

よって
  • 敵前衛機と相対する時
  • 相方が前線に立てる(先に落ちてもいい)機体の時
  • 自機の自衛を優先する時
この辺りがV2Aを使う目安である。

基本的にはV2Aで戦っていくのが吉。
BRと比べて着地を取りやすく、単発でダウンが取れるメインの存在が大きい。MBSによる自衛も優秀。
ただしV2AはAB解除時に弾数が回復しない、光の翼がない、といった点があるため決してV2Aだけでいい訳ではない。
自身から攻めていきたい場合は、強力な光の翼と弾数の回復がある分武装を酷使しやすい生V2の方がよい。

外部リンク