ガンダム試作一号機(ゼフィランサス)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

正式名称:GUNDAM GP01 ZEPHYRANTHES パイロット:コウ・ウラキ
コスト:2000  耐久力:640  変形:×  換装:○(フルバーニアン)
※各形態の武装、コンボ、および立ち回りに関しては下記個別ページにて。
ガンダム試作1号機 ゼフィランサス フルバーニアン

射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 マシンガン 65 15~151 13連射可能。打ち切りリロード
サブ射撃 マシンガン&ビームライフル 8 ??? NEXTの特射。長押しで連射可能
特殊射撃 Fbに換装 100 開幕ゲージ0 リロード37秒
特殊格闘 特殊移動 - - ステキャン不可。格闘からキャンセル可能
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 袈裟斬り→横薙ぎ→突き刺し NNN 173
前格闘 押し倒し→マシンガン接射 200
横格闘 袈裟斬り→斬り払い 横N 121 Fb時よりもダウン値アップ
後格闘 シールドアッパー 75
BD格闘 横薙ぎ→切り払い BD中前N 134 Fb時の前格に似ている
バーストアタック 名称 入力 威力 備考
ゼフィランサスラッシュ 3ボタン同時押し 217 棒立ちでBR11連射

【更新履歴】新着3件
14/07/20 分割して新規作成
15/04/12 追記・文章校正。ドライブ・僚機考察を移動・統合
15/04/13 解説&攻略を追加。

解説&攻略

重力下仕様の試作1号機「ゼフィランサス」がEXVSシリーズに初参戦。『NEXT』以来の復活参戦となった。
『NEXT』と同様メインの手動リロードのマシンガン、特格での特殊移動は今作でも健在。バルカンは廃止され、一斉射撃はサブになった。
しかしゼフィ時の武装・性能はかなり悲惨で、フルバーニアン形態(以下Fb)が本機の神髄。
換装可能になるまで試合開始から37秒かかり、撃墜後もFbで復帰する。
そのためゼフィにお世話になるのは試合序盤のみだが、その序盤を如何に凌げるかがこの形態の命題となる。
換装するまでは相方に多大な負担が掛かるので、中盤以降での活躍で試合を有利に持って行くことが望まれる。

基本性能
BD6回
BD持続4秒
上昇速度2.4秒
上昇旋回1[s/1]
BD初速2000コスト平均
ステップ回数5回
赤ロックF91並(FBより短い)
足回りはガンダム程度


射撃武器

【メイン射撃】マシンガン

[撃ち切り手動リロード][属性:実弾][3発よろけ][ダウン値:0.3][補正率:-5%]
1マガジン65発の90mmブルパップ・マシンガン。
13発単位で連射が可能。撃ち切り手動リロード。リロード音がかっこいい。
同じ汎用マシンガンのBD1の100mmマシンガンに比べると、あちらがBD専用ではないかと疑ってしまうほどに低性能。
具体的な理由として、全MG最低レベルの弾速、誘導、射角の狭さ。早い話全く当たらない
特に弾速はかなり厳しく、オバヒ着地でも中距離では盾が間に合ったり回避できたりする。かといって近距離で当てに行くのはこの機体の自衛力的にも厳しい。
弾数無限なことがせめてもの救い。アラート鳴らしと割り切ってばらまく感じで豪快に使っていこう。

サブと特格へキャンセル可能。
しかしやはり弾速が遅いのとややよろけにくいのとサブの発生がやや遅いのが相まって繋がらないことも。

アップデートによりダウン値が下がった為もはや1セットでダウンできる方が珍しくなった。
よろけ用もしくはキャンセル繋ぎと割り切った方が良い

【サブ射撃】マシンガン&ビームライフル

[常時リロード][リロード:3秒/1発(BR)][属性:実弾&ビーム][発よろけ][ダウン値?][補正率:?]
NEXTにもあったマシンガンとビームライフルの一斉射。2セットで強制ダウン。
今作ではNEXTと異なりBRの弾数だけ消費されるので、メイン弾切れ時に使っても空撃ち音連射はしない。
ボタン長押しで8連射可能(連射中にリロードされても9発目は出ない) 連射時はその場に止まって連射する。当然ブーストも消費し続ける。適当なタイミングで特格にキャンセルするように心がけておくこと。

レバーを入れることで銃口を好きに曲げることができるが、普通に使う分にはBR部分に誘導はほぼなく、弾速も速くない為狙って当てるのが困難。
また、レバーを入れないと敵機の足元を狙うため、レバー制御で弾道を少し上に向けないと当たらないこともある。

ただ、バグかは不明だが赤ロック時に『射撃を行っていない方の敵機にロックを変える』事で強烈な誘導がかかることが確認されている。
基本的にはこの使い方で。
誘導は非常に優秀だが銃口が固定されるため、ある程度敵機との距離があった方が機能しやすい。
メインからのキャンセルで赤ロック状態を維持したまま遠距離から撃つことができる。

射撃戦が貧弱なゼフィランサス形態の中では破格の性能を誇る射撃となるのだが
ロックを変えるという特性上戦況が読めなくなってしまうこともあるため使いどころが難しい。
まだ使用するタイミングや状況は研究段階であり人によって使い方が異なることが多い。
CPU戦のボス相手にはそこそこ有効な武装。

特格にキャンセル可能

2014/04/22のアップデートによりマシンガンの弾速とよろけ値が上がった。またBRのリロードが0.5秒減少した。
マシンガン:14(-5%)0.3(ダウン値はアップデート前の値)
BR    :75(-30%)2.0

【特殊射撃】フルバーニアンヘ換装

[常時リロード][リロード:37秒][属性:換装]
ゲージが溜まった状態でボタン押しで換装。
ゼフィランサス形態のみでは、自機相方共に辛いので基本的にはゲージが貯まり次第Fbになりたい所。

2014/07/23のアップデートで、リロードが延びた代わりに、一度換装すると再出撃時もFbになるようになった。
このため、結果的にゼフィランサスを使うのは序盤戦のみとなる。(ゼフィランサスで落ちた場合はこの限りではない)
換装からのキャンセルは無いが、換装したあとは豊富なキャンセルや武装がある為ブースト不利時でも貯まったら換装すべきである。

【特殊格闘】特殊移動

NEXTにもあったジャンプ後に空中で一回転する特殊移動。この形態の生命線。これを上手く活用しなければ本当に相方のお荷物になってしまう。最低限自衛はこれでやりきろう。
Fインパ特格を攻撃判定をなくした代わりに任意の方向に移動できるようにしたといえばいいだろうか。
バックブーストペナルティ無しに後ろへかなりの距離を移動出来るのは強み。

移動距離はBDの1.5倍程度、ブースト消費は通常BD程度

メイン、サブ、各種格闘からキャンセル可能。格闘からキャンセルする場合、(前格以外)空振りからでもキャンセル出来る。
アップデートで特格中に特格を使用可能に。6回ほど連続ジャンプできる。
ただタイミング的に回り終わって棒立ちしながら下降してる時には特格キャンセルができない模様。
ただメインキャンセルは出来るので、その際は特格→メイン1発→特格でキャンセルするといいかもしれない。(アラートもならせる)
ブースト消費を抑えながら逃げることがやりやすくなったのでうまく活用しよう。

移動系特格の例に漏れず、ブーストボタン入力から特格で移動距離が若干伸びる。
ただし、ブースト消費は大きくなることに注意。

格闘

性能はそこそこだが耐久値温存のため自分から振っていくのは非推奨。

【通常格闘】斬り→斬り→突き

振り下ろすような突き刺しからの3段斬り。
伸びは普通で、突進速度は遅め。視点変更なし。ゼフィランサス唯一の三段格闘。

Fb時とは違い、最終段が突き刺しになった。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値
(単発ダウン値)
属性
1段目 袈裟斬り 65(-20%) 65(-20%) 1.7(1.7) よろけ
┗2段目 横薙ぎ 121(-35%) 70(-15%) 0.3(2.0) よろけ
 ┗3段目 突き刺し 173(-45%) 80(-10%) 1(3.0) ダウン

【前格闘】押し倒し→マシンガン接射

抱き付いて敵を押し倒してからマシンガンを接射。BD1のEXAM時BD格闘を髣髴とさせるモーション。メインの弾数は消費しない。
劇中モンシアとの模擬戦で見せた技のアレンジ。
出し切りで強制ダウン。抱きついてしまえば自動で最後まで出し切る。
機体前方に掴み判定を出しっぱなしで相手に向かうため判定の強さと攻撃範囲の広さが特徴。

運命の特格と同じ仕様であるがあちらは自機の喰らい判定が後ろにあるのに対して、こちらは掴み判定の位置とほぼ同じ場所に喰らい判定がある。
そのため振りが速い格闘や、リーチのある格闘に対しては不利。

前屈みになる性質から下から攻める時は相手から見た相対的な判定は小さくなる。

コンボの最後に入れることで他の掴み系格闘と同様に即落下に移行できるが
この機体の場合前ベクトルの移動慣性がかかっているため、その場で落下せずに前に移動しながら落ちていく。
またその際、すぐに盾を出せるため足掻きの択として覚えておくといいかもしれない。

出し切るとそれなりのダメージを出すことができる
地上からでも初段から横につなぐことが可能だが、押し倒す前の少し高度があるときにキャンセルしなくてはいけない

前格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値
(単発ダウン値)
属性
1段目 押し倒し 65(-20%) 65(-20%) 1.7(1.7) 掴み
┗2段目 マシンガン接射 (-%) 6(-0%)×9 ???(???)
 2段目 マシンガン接射(最終段) 200(-20%) 90(???%) ???(???) (強制)ダウン

【横格闘】斬り→斬り払い

サーベルを逆手に持ち、斬り→斬り払いの2段。視点変更なし。
回り込みや突進速度が良好。

横N>横Nでダウンする。Fbよりも発生が少々遅く、ダウン値が高めに設定されている。
横格やN格に繋ぐ場合も前ステで安定する(要検証)。長めの左ステでも横で追撃可能

横格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値
(単発ダウン値)
属性
1段目 袈裟斬り 65(-20%) 65(-20%) 1.7(1.7) 膝つきよろけ
┗2段目 斬り払い 121(-35%) 70(-15%) 2.7(1) ダウン

【後格闘】シールドアッパー

シールドでアッパーを仕掛ける。1段格闘。
前格の次に判定が良い。

各種初段>後格→前特格→前格
で平面の移動は少なく上下に激しく動くコンボができる。

後格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値
(単発ダウン値)
属性
1段目 シールドアッパー 75(-20%) 75(-20%) 2(2) ダウン

【BD格闘】横薙ぎ→切り払い

伸びと突進速度が比較的優秀。
メインのよろけなどに合わせるならこの格闘。

非強制ダウンのため注意が必要。前ステで前格に繋げられる。

BD格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値
(単発ダウン値)
属性
1段目 横薙ぎ 70(-20%) 70(-20%) 1.7(1.7) 特殊よろけ
┗2段目 斬り払い 134(-35%) 28×3(-5%) 2.9(0.4×3) 半回転ダウン

バーストアタック

ゼフィランサスラッシュ

「クソォォォォォ!」
Fb時とは違い、棒立ちでBRを11連射。やけに集弾率が悪く闇雲に撃ってる感ありあり。
何故か横>覚醒技で膝つきよろけから入れようとしてもフルヒットしない、それどころか数発ヒットで相手がダウンしその後反撃確定になる。

3-Aボーナスのベルガに密着で撃ったところ3発目でダウン。普通のBRと同じダウン値?
またAGE1のように換装ゲージが溜まる効果などおまけの類が無い点も痛い、実用性はほぼ考慮していないと言ってもよく封印安定。
サブ射撃同様撃っている相手からサーチを外している状態だと誘導がかかる模様。

バーストアタック 動作 累計威力 累計補正 累計
ダウン値
単発威力
(単発補整)
単発
ダウン値
属性
1発目 BR ??? ???% ??? ???[-???%] ??? よろけ

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル)

威力 備考
メイン始動
サブ始動
N格始動
NN>NNN 219
NN>前 231
前格始動
横格始動
横N>NNN 219
横N>前 231
後格始動
BD格始動
覚醒時限定

戦術

基本的には37秒をいかに自機相方共に被ダメージを少なくして凌ぐかが鍵である。
相手からすれば、この時間は敵の戦略を崩す絶好のチャンスであるので、敵は目の色を変えて襲ってくるだろう。
特にゼフィランサス形態で先落ちとなると、落ちた後もゼフィランサス形態で出撃となってしまい負担が激増する。
どんなことをしてでもFbで落ちるようにしたい。

相方が片追いされるようであれば、バグサブを当てるチャンスが巡ってくるだろう。
もしくは自機が追われるような時であるならば、自前の特格を駆使してなんとか逃げ切りたい。
盾、寝っぱなどできる時間稼ぎは全て使ってFbに繋げることが重要である。

限りなく被ダメを抑えドライブや覚醒を温存し、Fbになることがこの機体の目標である。


外部リンク