ピリジー@てっかん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラ名 ピリジー  #ref error : ファイルが見つかりません ()
年齢 30歳くらい
性別 女(人間時男の体)
髪/目の色 水色っぽい銀/黄色
身長 154cm
誕生日 4/16
種族 ラミア
システム ソード・ワールド2.0
参加卓 新年卓
経歴   記憶がない  
人族の特定の種族を好んでいる(タビット)
告白されたことがある


どんな子:ライダーとファイター中心にスカウトとキャッツアイ用にエンハン持ち。二槍使いのバイクライダー。
一般技能:貴族5 御者3 ロウソク職人2

記憶喪失の普段は美少年。しかしその正体はやっぱり記憶喪失のラミア。ただし悲壮感も危機感もない。
ある日唐突に記憶をなくした状態で多分森の中で目覚めるも、人族が周りにおらず血が飲めなかったため徐々に弱って倒れていたところをノクトとフォトンに蹴躓かれて助けられ拾われる。
その後はノクトに懐き毎日血をなんだかんだ飲ませてくれるところとか飯の美味しさとかあとピリジー基準のイケメン具合に惹かれ付いていく。
今のPTがすごく居心地がいいというか皆好きなので今はすごくのびのびと自由に過ごしている。蛮族ってなんだっけ。

記憶をなくしていてもバイクに対する熱い思いと風を感じる快感は心に確かに残っていた。バイクに乗るとひゃっはーーーーー!するのは仕様。
にやり顔とひゃっはー顔がとても邪悪なのはきっと気のせい。ば、蛮族の気性のせいだよきっと。
わりと自由でフリーダムに振舞うが、ノクトやシャーロックにたしなめられるとすぐにおさめる。あと族の熱い魂とノリを持っているのでたまにいいこと?は言うのかもしれない。
バイク騎乗時は基本族。敬語ながら族。

タビットを過剰に愛でており、すきあらばもふりに行きたがる。そして止められる。
各地でご当地タビットを買い集め、背中にはタビット人形腰にはタビットマスコット。タビットから見ると完璧不審者。
もふもふやかわいいものが好き。

自分が美形なのは自覚しているのでよく人をからかったりノリで知らない人を誘惑して楽しむとかするときもある。
ただPTのほかの人がいないとそんなことしてないのできっと皆への信頼ゆえの自由行動なのかもしれない。

実は記憶をなくす以前はとある蛮族の貴族の家で人族の中に潜入するスパイとして育てられていた。一般技能の貴族はじめ諸々はその時に身につけていたもの。
人を欺き隠れるための技能ばかりを身に付け考える日々に窮屈さを感じていた時、ある日馬術の訓練を受けていたところ風の気持ちよさに目覚める。
こっそりひとりで遠乗りしていたら謎のバイクライダーと出会い、その男と親交を深めていく。
そして男に導かれ崖に向かってバイクで走り出し空に飛び出した時・・・
ピリジーちゃんの意識は光につつまれそれまでの記憶をなくしていたのだった。胸に残るは熱い思いと風とバイクへの信頼のみ。
しかし確かにそこには自由があった。


「ッシャオラぁ!」
「すかっとしますよねぇ!まるで大型ぶん回してオイルを空にしたような爽快感ですよぉ!!」
「鉄の匂いに焼け付いたオイルの息吹・・・擦れる地面とタイヤのせめぎあいに削れていく精神・・・反対に熱く回るココロ!!」