ベネット・ヴァレリー@あさき


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラ名 ベネット・ヴァレリー
年齢 170歳
性別
髪/目の色 白金/アクアオーラ       
身長 182㎝
誕生日 2/4
種族 ドレイク
システム ソード・ワールド2.0
参加卓 ハロウィン卓


キャラ概要:
メインのコンジャラーとアルケミストに振り切り、他技能は一切取得なしの支援寄り純後衛。
純後衛だが筋力27。その筋力はAランク装備のボーンベストを必筋+10で装備出来るレベル。
かといって体格が突出している訳でもなく、線はドレイクとしては細め。
また、生命ピンゾロのおかげでやや病弱気味。生命以外の能力はかなり優秀。
一般技能はノーブル(貴族)、ヘラルディスト(紋章学者)、ジュエラー(宝飾師)、コック(料理人)。

ドレイクの貴族階級ヴァレリー家の次男であり、アシュトン・ヴァレリーの弟。
ギャレット・ヴァレリーサバト=ニーズヘッグの兄にあたり、
サバトのコンジャラー技能などの師匠的な存在でもある。
基本的には笑顔が多く温厚、物腰も柔らかいが、状況に応じては存外過激で突飛なところも。
兄である包容力と弟である自由奔放さを併せ持った、穏やかなれども優しいだけでない、何とも食えない性格をしている。

本来は魔剣を持つドレイク。
弟のギャレットが魔剣を持たず生まれ、またサバトはウィークリングであったため、
「持たざる者の見る世界を、彼らと同じ目線で見る」という思いをアシュトンと共有し、
実家の父親に自分の魔剣を預け、二人で世界を見る旅に出る。
ハロウィン卓でのことはその道中の出来事である。

本来の魔剣を持っている状態であれば、高レベルのウィザードセージ、サブにエンハンアルケ。
魔剣を置いたため力の大半を封じることとなり、その結果がハロウィン卓での能力値になっている。

「さて、何のことだったっけな」
「わざわざそうさせるからには、絶対に死なせないよ。約束しようか」
「1000点は俺も取った事が無いんだ。取れたら凄いかもね、頑張って、レン?」