イスカ@あさき


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラ名 イスカ
年齢 33歳
性別
髪/目の色 白銀/赤
身長/体重 176㎝/65㎏
誕生日 3/31
種族 ナイトメア(エルフ生まれ)
システム ソード・ワールド2.0
参加卓 魔剣の闘技場
経歴 物心がついた時には一人だった    
まだ恋をしたことが無い
かつて従者が居た


キャラ概要:
マギテック/シューターの二挺拳銃・狙撃銃スイッチ型マギシュー。
メインはマギテックとシューター。PT能力的に命中補助が豊富なためマギテック先行。
またアルケミスト、セージもある程度伸ばしている。賦術は主に先制・魔物知識判定の補助用。
一般技能はバウンサー(用心棒)、テイマー(調教師)、セイラー(水夫)。

数年前、記憶を無くしてひとりで居たところを客船の船員に拾われている。
記憶は失っていたが、その時点で既に手にしていた二挺の銃を使いこなしていたため、
その船員に船の用心棒を頼まれ請け負う。以後はその船で働きながら面倒を見て貰っていた。
船で働くうえで色々教わったため、料理などもこなすことが出来る。
記憶を無くしても銃の扱いは覚えており、且つ銃を手にしていたことから、
銃を扱うことで何かを思い出せるのだろうかと考え、貰った長期休暇を利用し銃を存分に扱える闘技場へ挑んだ。

闘技場で知り合い、一緒にPTを組んでいるスピニーとは恋仲。
何も知らない自分に色々なことを教えてくれる彼に、次第に言い表せない感情を抱くように。
その感情の名前を知ったのも、彼が丁寧に教えてくれたため。
かくして恋を知らなかった記憶喪失の青年は、闘技場という場所でそれを知ることになる。

生意気そうな外見とは裏腹に口調は丁寧な敬語。基本的に真面目な性格をしている。
基本的に闘技場の戦闘では異貌化しているが、異貌化すると気分がやや高揚するらしく、若干サドい一面も表れたり。
戦闘においては紛れもない火力担当、ミニマムリープと足さばきで無理矢理距離を詰めてジェノバレを3連射だとか。
相手によっては乱戦組んで両手パイルシューターで接近戦を挑むまである。存外アグレッシブ。
背中とコートにジェザイル1挺、デリンジャー8挺、ファストスパイク6本を仕込んだ、もはや歩く武器庫。

大窓卓のライ=アルジローレはまるでイスカを幼くしたような姿。外見はおろか傷の位置や痣の位置、メイン技能まで同じだが関係性は不明。

「……は…。俺の握ってる得物とは、なかなか痛いものなんですね?」
「クリティカルヒット!さよならです。」
「魔動媒体、起動――鉄楔射出器作製。これより近接戦闘に移行します。《パイルシューター》」