レク卓あらすじ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※ログが音声ログなので、概要として少し長いですがご容赦を

第一回 館セッション
「たまにはレクリエーションして遊ぼうよ」って元部長が言ったから。
皆さんは山奥の別荘へと足を運んできました。しょっぱなから血まみれ特殊メイクで全力で脅かしてくる元部長の雪平、
そこに別荘まで貸し与えて同じく全力でからかってくる八尾、隠れきれていない幼女玲斗をキーパーソンとして、
和やかな謎解きゲームを始めた・・・はずだった。
しかし、開始30分で八尾が無残な死体で発見され、歩けば歩くほどに飛び出すゾンビ。
ゾンビに抱き着かれて悲鳴を上げながらも、メンバーは脱出すべく知恵を絞ります。
悪乗りするグラーキの魔の手(触手)をすり抜けて、活路を目指してゆきます。
水晶玉がチートで、義足キックが最強出力で・・・一番輝いているのがトランシーバーの先の死亡したはずの八尾さんで・・・
割と常識人のにゃんざぶさんの胃に攻撃(物理)しながらも、最後は躊躇なく別荘が全焼するというオチが付きました。
自分たちの偽ゾンビを見破ったときの彼のセリフに、GM的ベストセリフ賞を贈りたい。

「ダ~ウトォ♪」
GM&SM/八尾:ぎゃろ、雪平:ひら
PL/藤宮:あさき、にゃんざぶ:はたけ、秋月:みつ、柚木:ゆずな

第二回 肝試しセッション※学生時代セッション
「今年で壊されちゃう廃校舎があるから、肝試ししようよ」って部長が言ったから。
皆さんは、文化祭前の集中合宿の合間、夜の廃校舎の前にやってきました。
夏らしく、肝試ししよう!という趣旨の元、お祭りがえりという事もあって和やかにゲームは始まります。
元部長の八尾さんがやってきて、チーム分けのくじ引きは八尾+光子+圭ちゃんと、十六夜+柚木+にゃんざぶという2チーム。
元部長の籤運に不正疑惑がかかりながらも、少し前に肝試しをしていたらしい別学校の生徒たちを追いかける形で校舎へと入ります。
…しかし、電気の通ってない校内に唐突に響く校内放送、響く悲鳴、落ちる黒板消し、脱出不可能の校舎。
発狂する別学校のチームメンバーに襲撃されながらも、唯一の外界であるであろう屋上を目指してゆきます。
【注意事項】チーム別でシリアス度に深刻な差が出たのはGMのせいではありません。
本棚にぶら下がったり、和やかに歌を歌ったり、和やかにギスギス(?)したり・・・しながらも、
暴走召喚されてしまったビヤーキーさんに丁重にお帰りいただくべく、PCたちは校内を走り回りました。

第一回顔面格差について考える会も同時開催でした。
GM/雪平:ひら
PL/十六夜:あかぶん、藤宮:あさき、八尾:ぎゃろ、にゃんざぶ:はたけ、秋月:みつ、柚木:ゆずな

第三回 蝙蝠の怪
鑑識であるにゃんざぶは、あるとき奇妙な事件に出会います。・・・実質、不可能な高さから落下死している男の死体。
ボディガードである柚木は、あるとき仕事仲間の死に直面します。・・・彼に花を手向けようと現場に向かいます。
法学部の学生である藤宮は、あるときインターンシップ先の法律事務所の所長が失踪する事件に出会いました。
芸術家である八尾は、あるとき後輩の雪平から相談を受けます...「巨大な蝙蝠を見た」と。
てんでばらばらなスタート地点、見え隠れする蝙蝠の影。藤宮の学友である長瀬汀...。
各々の謎を追ううちに謎は合致して行き、疑惑はとある工場を経営する社長へと向いてゆきます。
最後の殺害ターゲットになるであろう人物を守れるのか・・・?PCたちは二手に分かれ、ターゲットの護衛と、
そして首謀者の説得へと走ります。
のっけから金槌大発生の大惨事、浮けよ男ども!(男全員金槌)
幸運クリティカル(NPC:泳げる)と幸運ファンブル(柚木:泳げない)の結果海へのご案内。
APPロールで年上をたらしこむにゃんざぶさんと、義足なのに壁を跳躍で飛び越えた藤宮。
大体は最初から蝙蝠(夜のゴーント)を探していたのに最後まで目星に失敗した八尾さんに、「八尾さん!上!上!」コールが大発生の回でした。
GM/雪平:ひら
PL/藤宮:あさき、八尾:ぎゃろ、にゃんざぶ:はたけ、柚木:ゆずな


第四回 合唱部?セッション※学生セッション
合唱コンクールも近づくとある頃、その類まれなる歌声を買われ、
合唱コンクールの課題曲の手本を歌うことになっているレク部?のメンバーは、練習に忙しくしていました。
ちょうどそのころ、学校内には「メロディ様」なる益体もないおまじないが流行っていました。
ついつい口ずさんでしまうそれは、正しいメロディを歌えると願いがかなう、というもの。
けれども、あるときメロディ様を唱えた男子生徒が目の前で消えてしまい、レク部メンバーはその謎を追うことになります。
半年前から始まった生徒の失踪事件、謎の「は」の本、やたらツンツンとした女教師。やっぱり巻き込まれる雪平。
レク部(+約1名のOB)は夜の校舎で起こるハスターの召喚を止められるのか!!
最後は合唱部?の本領を発揮し、ハスターの召喚のための合唱に参加してしまうメンバー・・・だがしかし、
気づけばライター一つで燃やされてしまった「は」の本へ合掌しつつ、失踪事件は無事、沈静化したのでした。
GM・SM/雪平:ひら、にゃんあぶ:はたけ
PL/十六夜:あかぶん、藤宮:あさき、八尾:ぎゃろ、柚木:ゆずな


第五回 そうだ、温泉に行こう!
「温泉に行こうよ!」って元部長が言ったから。メンバーは秘湯を目指して山道をドライブしていました。
そこは、まだあまり知られていない山奥の集落で、外からの人を「まれびと」と呼んで歓迎する風習のある村でした。
村人たちはにこやかにメンバーを出迎え、温泉で久しぶりにのんびりとした時間を過ごします。
※混浴にしたのはただのGMの悪乗りですごめんなさい。
温泉卓球でのガチバトルや素朴な料理に舌鼓を打つメンバーの前に、この村への招待状をくれた学校の先輩が姿を現します。
どこか異常な雰囲気を見せる彼、無邪気過ぎる幼女、一見親切な未亡人。彼の雰囲気だけがただただ異常の様に思われました。
やがて何かを決意したように帰って行った先輩は、翌日無残な姿で発見されることとなります。
実はこの村はほとんどすべての住人がアブホースの落とし子。迷い人の精気を吸って繁殖していたため、新しいエサを求めていたのです。
井戸の底に眠っているレモン(※アブホースの落とし子)の発見を皮切りに、本性を現した村人からレク部は逃げられるのか?
最後は怒涛のレモン祭り。SAN値を削るレモンを必死に払い落としながらの脱出となりました。
GM/雪平:ひら
PL/十六夜:あかぶん、藤宮:あさき、八尾:ぎゃろ、にゃんざぶ:はたけ、柚木:ゆずな


第6回 オフ会(お腐界)セッション
公式腐女子、腐男子の皆さんのイベント終了、飲み会後、はるかと十六夜は不思議な声を聞く。
掛けられた声は廃ビルの中。あまりに怪しい声のため、光子が占いで声の主を探す。しかし彼女が見たのは「廃ビルには似つかわしくない可愛らしい部屋」だった。
彼らは声の主の安否を確認するために廃ビルに入っていく。突然の地震により崩落した彼らが行き着いた可愛らしい部屋。
その部屋の扉を開けて入ってきたのは―――。
怒涛のごとく光る華ちゃんの写真術のフラッシュ!コスプレレク部!?突然の八尾×◯◯!!
クトゥルフってなんだっけ?神話生物とも会合せず、皆さんホクホク顔で「次のイベント」の糧を手に入れて帰宅したのでした。
GM/柚木:ゆずな
PL/十六夜:あかぶん、雪平:ひら、秋月:みつ