各国の特色etc


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国同士の関係はスタート時直後のものです。

マグノリア王国(蒼星石の国)

  • 国内に高地が多い、耕地も多い、景色も良い
  • 大陸一の山脈があって、そこから宝石が取れる。山脈からの景色は絶景
  • 山から大きな川が流れていて水運が発達している
  • 港も有していて商業が盛ん
  • 全員が女性の騎士団がある
  • 男色が盛んで持久力が高い

国王蒼星石/宰相金糸雀/元帥イスカンダル/副将美樹さやか/外務大臣射命丸文
直臣やる太(軍師)/直臣ロシウ・アダイ(文官)/直臣チェフェイ(獣人)

倶利伽羅龍王国(マグノリアの従属国)

  • 実力主義で厳格な身分制度がある。
  • 身分は力で奪い取るもの
  • 国民性としては菜食主義者、暑苦しい筋肉質な人が多い、頭も筋肉
  • 火山帯があり火竜が存在している。竜騎士部隊が主力


王国ベジータ(マグノリアの同盟国)

  • 王族や政治に携わる人はツンデレ
  • 有能な将軍は死にかけ ←多分、ツンの犠牲者
  • 獣人が多い。なお、獣人は魔法で空を飛んだり遠くから攻撃したり
  • 怒りや死にかけるとパワーアップする。ニャンピョウも獣人
  • 獣人以外の国民は頭がいい人が多いが使い道を間違えている
  • そのせいで土地が痩せている
+ ベジータの農業事情

国王ブロリー(蒼星石の父と義兄弟)/外務大臣豪鬼/元帥フランシス・ドレイク

聖杯ネズミーラグナロク王国(マグノリアの敵対国)


  • 水資源が豊か
  • 一神教を信仰する魔法大国
  • 他大陸の魔法使いNINJYAも居る
  • 近衛兵は全員魔法が使える
  • 自国民に対しては温厚だが、他国民の命はその辺りの石ころ以下

宰相松永久秀/外務大臣ジル・ド・レイ/久秀派東横桃子/ジル派霍青娥