※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Top >


発音に関しての検討

日本語の音節モデルを真似る。(あまりに特殊な音だと筆者 as設計者自身ができないので(爆))。

基本としてはCV単位。「か」→"k-a"。
「きゃ」などはCvVと書くことにする。
「ん」は他の音韻(CVやCvVなど)の後に続き、単独または語頭に来ることはない。

本言語では、子音の調音方法に基づいてグループわけを行う。
(文字もそれに依存・影響する形になるが、それは「文字」のページを参照のこと)

使う音の検討、選定

子音

グループ

  • k、g

日本語の「カ」行、「ガ」行。

  • g

k(カ行),g(ガ行),m(マ行),p(パ行),N(ン)の後は鼻音になりやすい。

  • s、z

日本語の「サ」行、「ザ」行

  • s

そのままだと音で言うと「サ」「スィ」「ス」「スェ」「スォ」になるが、 「シ」、「ソ」については調音符をつけて調音する。

  • z

そのままだと音で言うと「ザ」「ズィ」「ズ」「ズェ」「ズォ」になるが、 「ジ」、「ゾ」については調音符をつけて調音する。

  • t/d, ts/z, ch/j
  • -/n, -/l
  • p/b, -/m
  • f/v, h/w
  • y
  1. n (←その他:ん)
  • hは”あ”の口で息だけ、は行。
  • yは”い”の口から、や行。


nI(ナザルの き゜)とkI(ぎ)を分けるか??
 

調音

後述

母音符

  • 無声音

あ、い、う、え、お の5種。
か(きゃ、くぁ)、さ(しゃ、すぁ)、た(とぁ、つぁ)、は、ふぁ行で使う。

  • 有声音

あ、い、う、え、お の5種。
が(ぎゃ、ぐぁ)、ざ(じゃ、ずぁ)、だ(どぁ、づぁ)、ば(ヴぁ)、ら、わ

  • 鼻音

あ、い、う、え、お の5種。
な(にゃ、ぬぁ)、ま(みゃ、むぁ)、ぱ(ぴゃ、ぷぁ)、か゜(き゜ゃ、く゜ゎ)行で使う。

同一母音が連続する場合は、母音符を有声、無声の順に並べてモーラの区切りを明示する。

ヤ行については、特殊調音として扱う。中身は二重母音。

  • q

その他:曖昧母音

特殊調音

  • y

子音と母音の間に入ると、拗音(ゃ、ゅ、ぃぇ、ょ)を作る
「ぃ」:「い」の調音から始める。キャ=キィァ
先に子音が付かなければ、日本語の「や行」と異なり、やゆよの3音ではなく、イェも含む4音を作る。

  • w

子音符と母音符の間に入ると、拗音(ゎ、ヲゥ、ゥェ、ゥォ)を作る
「ぅ」:「う」の調音から始める。クァ=クゥァ
「わ」:ワのときは「お」の調音から始める=ウォァ。
先に子音が付かなければ、日本語(歴史的仮名遣い)に相当する「わ行」(わゐゑを)に加えう段の音も含む5音を作る。


yについては、子音符として位置づく場合は大文字で記述する。







ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。