アルカ再入門3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページは?


人工言語アルカの再履修パートです。

テーマは『位相』。

著者がかじったレベルではぜんぜん作文できなかったので、ほどほどにじっくりコトコト勉強していくページです。
ちなみに文字はWebFontに対応しているブラウザで見れば幻字で表示されます。

位相って?

話者の性格や性別など、役割や雰囲気を判りやすくするため、
アルカではかなり細かく分かれていて、語気や相手との関係を示すことができる。(とされている)

性別 雰囲気 位相名 辞書のタグ 訳例 メモ
肉食 arden [男性][arden][etat] 肉食系男子、体育会系
粗野 alben [男性][alben] オレ
知的 yuul [男性][yuul] インテリ
標準 seet [男性] 男性標準
草食 pikko [男性][pikko][aklet]? ぼく 草食系男子、男性敬体
中性 solferj 男の娘とか中性的な雰囲気、女性らしさの低い(≠男勝り)女性
綺麗 yunk [女性][yunk][yunte][liite]
可愛 milia [女性][milia][yunte][folte][liite][rente]? わたし
明朗 mayu [女性][mayu][yunte][folte][etat] あたし
勝気 gano [女性][gano] ウチ
姉御 amma [女性][amma] アタシ
精霊 kotan ワタシ 物に憑依した思念体など、命を持たない無生物の代名詞

公式の解説によると、男性の場合標準はseet位相を使う。
女性の場合は特に決まっておらず、気分や相手への気持ちで位相を使い分ける。

作文を行う場合は男性の場合、台詞でもなければ基本seet位相で作ればいいかもしれない。
女性の場合は、基本の性格からどの位相がメインになるかを考えて憶えてみるのも良いかもしれない。

自分の位相を調べておこう


よく使うであろう位相をまとめておくと作文の際に便利かもしれない。
位相による単語の変化

あなたの基本位相は?


中心に使う位相についてまとめておこう

自分のこと 自分のもの 自分たち 自分たちの 相手のこと 相手のもの 複数の相手のこと 複数の相手たちのこと 確認 不確実 伝達
                     

例)milia位相
自分のこと 自分のもの 自分たち 自分たちの 相手のこと 相手のもの 複数の相手のこと 複数の相手たちのこと 確認 不確実 伝達
non noan lena lenan tyu tuan lilis lilin sete eyo tisse


単語位相

女性は「食う」よりも「食べる」をよく使うように、位相によって使う単語が異なる。

動詞、形容詞、副詞など多岐に渡り存在する。
多くの文を作文して対応と傾向の感覚を掴むのが楽だと思う。

上記の辞書のタグをキーに引くと良いと思う。

方言位相

もし南方語とかマスターしたいとか北方語で作文したいという場合には、
音韻の変化など調べる必要がある。

タグの例
[南方]
[lutia]
[metio]
[altia]


環境位相

自分の立場や身分によって決める位相。母親として、とか教師として、などなど。
場が公に近づくにつれて省略や音変化が減っていき、文法的に正しいものになっていく。

極端にいうと、地方訛りを持つ人が大都市の知事とかに謁見するようなときには、
慣れて無くても標準語を使うべきという意識からくるコトバの変わり方のようなものかと。

関係位相

自分と相手の双方の立場によって決まる相対的な位相。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。