アルカ再入門1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルカ再入門1

このページは?


人工言語アルカの再履修パートです。

テーマは『最初の一歩』、構文とかです。

著者がかじったレベルではぜんぜん作文できなかったので、ほどほどにじっくりコトコト勉強していくページです。
ちなみに文字はWebFontに対応しているブラウザで見れば幻字で表示されます。

基本

tu et pof.
これはパンです。

単にAはBだということを表す。
語尾を上げればそのまま疑問系になる。

tu et pof?
これはパンです?

遠くにあるものはtuではなくleで示す。

le et pof
あれはパンです。


ti et nene
あなたは誰々です。

tiであなたを示す。
neneには人の名前とか、やさしいとか、大きいとかが入る。

ti et ne?
あなたは誰ですか?

neは"誰"を示す。
誰が、という問いかけ文において主語にも置ける。

ne sot?
誰がやったの?

文法

pof et atx.
パンはおいしい。

形容詞も、である対象にとることができる。

聞く時の純詞


to
ne
om いつ
am どこ
ak どのくらい
wel どれ

amで示す「どこ」は動詞xa「在る、居る」とあわせて使うことが多い。

akで示す「どのくらい」は着目しているらしさ(形容詞)をつづけて
「どのくらいの~~?」というニュアンスで用いる。
ak fil  fil [形容詞]長い  「どのくらい長い?」
ak yun  yun [形容詞]のようだ  「どんな感じ?」

使ってみよう


tu et to?
これはなに?
ti et ne?
あなたは誰?
pof et wel?
パンはどれ?
pof xa am?
パンはどこ?
pof xa ak di?  di[形容詞]多い
パンはどれくらい?(要るの?とかあるの?)

ものの数による違い

話題の中心との距離↓ 量→ 単数 複数
近い tu tutu
遠い le lele

leleはレンテ位相で、一般にはleesという。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。