この世界の始まりとおしまい


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界は、次元に漂う波が、ちょうど重なってできた密度の高い空間。

宇宙の始まりとされる瞬間、さまざまな方向から来た波がちょうど重なり合い、

空間が生まれ、物質が発生した。

次元の波は、さまざまな方向に対して波を持つが、もちろん人間の感知できる次元ではないので、

実際どういったものか再現することは不可能。

波はその1回だけ発生して終わるものではなく、

常に、ずっと、これからも、波はこの世界を通っていく。

そのとき重なった波の濃さによって、世界には影響を残しているかもしれない。

 

世界の終わりはいつ来るか判らない。

波がすべてを砕いて去ってしまうかもしれないし、

ずっと何事もなく、続くかもしれない。

次元の壁が空間をえぐりとっていくかもしれない。

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。