物理現象について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

物質の移動とかそのへん

物質が空間を移動する際 加速するには、他からのエネルギー(原子の位置変移を引き起こすための力)を与えられる必要がある。 他から与えられた力によって、物質はそれを構成する原子の変形の伝播によって位置を変える。

空気や真空中を進む際、位置変移して進む先にある空間に対して干渉が引き起こされる。 引き起こしてしまう。引き起こす。 空気を構成する原子、さらに希薄な真空中に散らばる原子、それらの原子の群に対して同様に物体干渉の伝播を つかって物質の進む先の空間をこじ開けて進むと考える。

原子などの質量を持つ物質に限らず、光、熱、その他の波長の空間中を伝わる光線に対しても、 移動するためには、移動する物質は干渉を行う必要がある。 そのため、他の物質が存在する空間中を物質が移動する際には速度に上限が発生してしまう。

裏を返せば、完全に物質のない真空(原子も、いかなる波長の光線もふくまない空間)中であれば速度上限は存在しないのではないか。

重力について

先ごろ、ヒッグス粒子と呼ばれる物質に質量を与える素粒子の存在がほぼ確定的になったとニュースされた。

ヒッグス粒子とされるそれは、物質がその場に拘留・拘束される状態を打ち破るためのエネルギーではないかと考えている。 物質がその場所に拘束されるというのは、周囲の空間に存在する原子など物質に対して干渉するときに 対象の物質を動かすためのエネルギーが含まれる。 物質がその組成を維持するため、中央に集まろうとする(周囲の物質へ押し返す)力 周りとの押し合いへしあいで常にエネルギーは授受されており、 物質に比べ周辺の空間では物質の密度は低いため、さらにその周囲からその内側の周囲へ干渉するエネルギーの流れが発生する。 これが「質量を持つ物質は重力を持つ」という現象の原因ではないかと考える。 この、物質がその周囲から受ける負圧にあたるエネルギーもまた、このヒッグス粒子にあたる事象に含まれる。

物理的存在として観測されたのかはわからないが、もし事象として観測されるならば、 物質がそれまで運動をしていた上で周囲に与えていた干渉のエネルギーの方向が、 他の物質との衝突によって、干渉の連鎖の方向が変えられた上で惰性で尾を引き、その連鎖の衝撃波が観測されたのではないか。 移動してきた物質が周囲に与えていた継続的現象の中の、物質がない状態となったことで、その連鎖だけが残ったということである。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。