めざパ理想個体値


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

めざめるパワーの理想個体値をまとめました。
第6世代および第5世代以前の全ての世代に対応した説明を記述しています。


理想値(最高値)

最高値の場合は、第6世代でも、それ以前の世代でも同じ個体値が理想値です。
(ただし、AやSの個体値を意図的下げたい場合を除く)

  • 黒色文字:推奨する個体値パターン
  • 灰色文字:他の個体値パターンの劣化なので非推奨

31-31-30-30-31-30
31-30-31-30-31-30
30-31-30-30-31-30
30-30-31-30-31-30

31-30-30-30-31-31
30-30-30-30-31-31
30-31-30-30-31-30
30-31-31-30-31-30

31-31-30-30-31-31
31-30-31-30-31-31
30-31-31-30-31-31
30-31-30-30-31-31
30-30-31-30-31-31

電気

31-31-31-30-31-31
31-30-30-31-31-30
30-30-30-31-31-30
30-31-30-31-31-30

31-30-30-31-31-31
30-31-30-31-31-31
30-30-30-31-31-31
31-31-31-31-31-30

地面

31-31-31-30-30-31
31-30-31-30-30-31
30-31-31-30-30-31
30-30-30-31-30-30

30-31-30-30-30-31
31-30-30-30-30-31
31-31-30-30-30-31
30-30-31-30-30-31

31-30-30-31-30-31
30-30-30-31-30-31
31-31-31-31-30-30
31-30-31-31-30-30
30-31-31-31-30-30

31-31-30-31-30-30
31-30-30-31-30-30
30-31-30-31-30-30
30-30-31-31-30-30

飛行

30-30-30-30-30-31
31-31-31-30-30-30
31-30-31-30-30-30
30-31-31-30-30-30

格闘

31-31-30-30-30-30
31-30-30-30-30-30
30-31-30-30-30-30
30-30-31-30-30-30
30-30-30-30-30-30

エスパー

31-31-30-31-31-30
31-30-31-31-31-30
30-31-31-31-31-30
30-30-31-31-31-30

ゴースト

31-31-30-31-30-31
31-30-31-31-30-31
30-31-30-31-30-31
30-30-31-31-30-31

31-31-31-31-31-31

ドラゴン

31-31-30-31-31-31
31-30-31-31-31-31
30-31-31-31-31-31
30-30-31-31-31-31

31-31-31-31-30-31
31-30-31-31-30-31
31-30-30-30-31-30
30-30-30-30-31-30


AやSの個体値を意図的下げたい場合

第6世代でめざめるパワーの威力が60固定になりましたが、めざめるパワーには新タイプ(フェアリー)が存在しないため、威力以外の仕様は第5世代と同じです。

第5世代から第6世代の仕様変更により、影響があるのは威力と以下の場合のみです。(つまり個体値をあえて下げない場合は、第5世代と理想値は同じ)
  • A個体値を意図的に下げる場合 (威張る、イカサマ対策など)
  • S個体値を意図的に下げる場合 (トリックルームなど)

これらの場合、第5世代では威力70にするため個体値の最小値は「2」または「3」だったが、第6世代ではめざパの威力が固定になったため最小値として「0」または「1」を採用できるようになっています。
  • 第5世代
    • 偶数の最小値:2
    • 奇数の最小値:3
  • 第6世代
    • 偶数の最小値:0
    • 奇数の最小値:1

例1:めざパ炎理想個体(特殊アタッカーのAを下げたい場合)

AやSに下降補正をかける必要がない場合、第5世代までの理想値と同じです。

つまり、
31-31-30-30-31-30
31-30-31-30-31-30
の2つが個体値上限の理想個体です。

しかし特殊アタッカーの場合、相手からの威張るやイカサマの対策としてAの個体値を低くするのが理想です。

5世代では、めざパの威力70で個体値を最小値したければ偶数部分を「2」、奇数部分「3」にすると理想値になります。
31- -30-30-31-30
31- -31-30-31-30
この2つがA個体値を低くした場合の5世代の理想値です。

6世代では、めざパの威力が固定60になり、より低い個体値を利用できるため偶数部分を「0」、奇数部分「1」にすると理想値になります。
31- -30-30-31-30
31- -31-30-31-30
この2つがA個体値を低くした場合の6世代の理想値です。

例2:めざパ地面理想個体(トリル要員のSを下げたい場合)

AやSに下降補正をかける必要がない場合、第5世代までの理想値と同じです。

つまり、
31-31-31-30-30-31
30-30-30-31-30-30
の2つが個体値上限の理想個体です。

しかしトリックルーム下で動くことを前提としている場合、Sの個体値を低くするのが理想です。

5世代では、めざパの威力70で個体値を最小値したければ偶数部分を「2」、奇数部分「3」にすると理想値になります。
31-31-31-30-30-
30-30-30-31-30-
この2つがS個体値を低くした場合の5世代の理想値です。

6世代では、めざパの威力が固定60になり、より低い個体値を利用できるため偶数部分を「0」、奇数部分「1」にすると理想値になります。
31-31-31-30-30-
30-30-30-31-30-
この2つがS個体値を低くした場合の6世代の理想値です。























.